2014年12月16日 (火)

2014.12.14 外房ヒラマサ

12/14(日)

このところの外房は数も少なくサイズもイマイチ

しかし、たまの跳ね出しでオオマサを見かけることもあるとか

そもそも外房ヒラマサは、特殊な状況を除き、基本的に数が釣れる訳では無いからね

この日も前日の釣果は好調とはいえないが、オオマサの跳ねは何度か見かけたのだとか

まだ薄暗い中での朝一の流しは不発

このエリアはベイトも多く、鳥山もたっている
しかし、この鳥山は船が近づくとすぐに白んじゃうけと

何度目かの流しかえの後、鳥が付いていないボイルを発見

水深10mのポイント

相変わらず船が近づくとボイルは沈んだが、そのまま釣り開始

しばらく流した時、同船者の「出たっ❗️」の声にビックリ
海面には大きな波紋が広がっている

ドラグがいい感じに出ていて、すぐには寄せられなそうなので大きそうだと判断

動画撮影しなきゃ

今回スマホでの動画撮影が初めてなので、縦にカメラを構えてしまいました

http://m.youtube.com/watch?v=dBhyUdPeOu8

http://youtu.be/dBhyUdPeOu8

船上計測15kg
K浪さん、おめでとうございます❗️

この後はジグで数本追加で午前船終了

ワタシは投げ続けてノーバイト


そして午後船

前半は鳥山も多く期待したけど船中ノーゲット

途中ジグで数本上がるもプラグでは釣れない

夕マヅメになり、ようやくバイトが出始めた

ワタシも3連続ヒット&ゲットしたけど、みんなイナダになっちゃった

薄暗い最後の流し、ワタシはイナダだったけど、同船者2人に2本のヒラマサが揚がり、沖上がりになった


この日は他船で20kgオーバーや30kgオーバーも出ている

外房のポテンシャルは、ッパね〜ぜ〜(^_^)



スマホで初めて動画を貼り付けたので、上手くいっているかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月11日 (金)

やっぱ外房はスゴイ

いや〜、今日は朝から外房が大騒ぎだったなぁ

新しい情報を観たくてスマホ片手にいろんなページをタップタップcoldsweats01

FBなんて何回開いたことか⁉︎
全く仕事が手につきませんでしたbearing

記憶に残る、記念のヒラマサを釣られた皆様、おめでとうございましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 7日 (月)

号外!





スゴイっ❗️

35.8kg❗️

一生に一本出逢えるかどうかのビッグワン


毎週のように外房へ通っているから出逢えた
外房の神様からのプレゼント

赤井ちゃん、本っ当におめでとう❗️

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月31日 (火)

テスト投稿

最近スマホデビューしたので投稿テスト

ブログ更新約一年もしてなかったんだなぁ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月31日 (月)

'12を振り返って

今年の釣行は、仕事を変えたことにより
例年よりめっきり少なくなった

とはいえ10回は超えていますけど・・・sweat02

まだまだ来年も例年通りには行けないと思いますが
しっかりと仕事を軌道に乗せ、釣行回数を増やしたいですネ

 

 

今年の釣行は、半年のブランクもあり
思うような釣りが出来ないこともありましたが
毎回の釣行が楽しいことに変わりはありませんでした

それもこれも、船長や同行の方々、同船した方々のおかげでした

皆様、ありがとうございました

そして、来年もよろしくお願い致しますm(_ _)m 

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年12月 3日 (月)

'12外房ヒラマサ11

 12/2(日)

今回はカモシ船に乗船して
エサでは釣れても
ジグにはなかなか
口を使わなくなったヒラマサを狙いに行ってきた

ワタシ一人では船宿選びからモタツキそうだったけど
ここんとこカモシ船に乗り連戦連勝の生粋外房ジギンガー
ヲカシ氏よりお誘い頂いての釣行

ワタシもカモシ場攻略には凄く興味があったので
1日カモシ場をみっちり釣りしたかったし
なんせヲカシ氏の釣技を盗み見るチャンスだしnote

 

まだ夜が明けきらない朝6時に出船して
泳がせエサに使うアジを釣る

エサ師は泳がせ用だけど、ワタシは自分の食用なので
せっせと釣りまくる

これが思いのほか楽しいup

サビキに鈴なりのアジ、ハマりそうsweat01

 

好調なアジ釣りは20分程で十分釣れ、カモシ場へ移動

 

6時半から本命釣りスタート

 

船中ではタイやワラサがポツポツと釣れるが
我々2人はノーバイト

あっ、ジギングしてるのは我々2人だけネ

 

実釣から1時間が過ぎようかというとき
ボトムから1シャクリでバイトsign03

たいして引かないので底モノかと思ったら
小さなカンパチ君でしたnote

 

また暫く沈黙

エサではチョイチョイ釣れてる

ほとんどがワラサだけど
10キロオーバーのヒラマサも混じってるsign01

これが釣りたいんだよネ~lovely

 

今度はボトムから5mくらいで“ゴンちゃん”

続けて誘うも追い食いは無く
ワラサかヒラマサかはわかんなかった

 

バイトがあったことをヲカシ氏に伝え次の1投、
またもボトムから1シャクリでヒットです~sign03

先ほどのカンパチよりも引くけどそんなでもない

すると思った通りワラサでした

ネットから魚を取り出していたら、後ろで知らないうちに
ヲカシ氏もランディングしてて
な~んとヒラマサではないですかsign02

121221

(下船後船宿さん撮影)

ヲカシ氏 「引かないのでワラサだと思ってました」

ワタシ 「う~っ、知らないうちに・・・sweat02
     いいな、いいな、いいなぁ~」

これで彼のカモシ船連勝記録継続だ

 

 

ここからまたも長~い沈黙

ポイントは同じだから当然景色は変わんない
(潮上移動はあるよ)

こんな時に集中力を切らさずに、
ず~っと黙々とシャクり切れるかが
カモシ場攻略の一つでもある

チョット飽きそうになったケドcoldsweats01

 

いろいろなシャクリを試しながら
残り1時間半くらいになった頃
ボトムから15~18mくらいかな

最後の1シャクリを大きくジャークして
もう一度フォールさせようとベールを返そうとした時、
ジグを持っていかれるようにバイトsign03

なかなかよい引きだし首も振っているから
すぐにヒラマサと確信upup

ボトムからは十分浮いていたので慎重にファイトして
無事に5,6キロ(下船後計量)のヒラマサをゲットnote

 

 

最近のカモシ場での誘いの定番でもある
“ゆっくりロングジャーク”ではなく、
誘いが激しくクイックリー、その後のフォール、
そして何よりヒットレンジが思ったより全然上だ

もしかしてこのシャクリが今日のヒラマサには効くのかsign02

 

 

さっきのシャクリをしながら十分上まで誘って
ベールを返そうとした時、またもドスンとバイトsign03

今度は20m近かったと思う

えっ?こんな上まで?って、びっくりした

 

さっきよりちょっと引いたヒラマサは
ほぼ同ウエイトの5,7キロ

 

これでこのシャクリに確信が持てたupupup

 

その後またもバイトsign03

コイツはボトムから10m前後ってとこかな

今までより若干引きは劣るけど
十分立派なヒラマサ4,1キロnote

 

 

隣りのヲカシ氏も自分なりにアレンジした誘いをしたら
ボトム3シャクリでデカそうなのをヒットさせるsign03

重量感、首振りの大きさ、ファーストランから
デカマサと分かったので、釣りを止めカメラマンにチェ~ンジcamera

http://www.youtube.com/watch?v=HDDFsF77XR4&feature=share&list=UUaLYYg439KNpn6f_60gxdiA

あ~・・・、残念無念・・・

リーダーは根ズレしてました・・・

 

ボトム周辺で掛けて
掛かった瞬間から一度も魚の顔がこっちに向かず
走った分しかラインを回収できなくて
ボトムから引き剥がすことができなかった
(本人談)

しばらく呆然、脱力してました

本人相当悔しいに違いない

 

 

その後、またしてもワタシにバイツsign03

今度はボトム6~7mくらい

今までよりも引きが強く、今日イチかと思ったら
“プッ”とはずれてバレてしまった

身切れだろうとジグを回収したら・・・

121222

あらら、フックが折れてましたsweat02

以前から使いまわしのフックで
青物だけでも10本以上釣り上げている

これからはノットと共にフックにも十分気を使おう

 

 

ここで時間、終~了~となりました

 

 

ラスト1時間半でのヒラマサ4連発、
ここまで
シャクリが見事にハマった記憶がない

自分としては最高の釣行となった

 

ヲカシ氏、誘って頂いてありがとうございました

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年11月22日 (木)

二重あごダ

少し前に取材されてました

まさかこんな使われ方するとは・・・

少し恥ずかしいけれどcoldsweats01

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

'12外房ヒラマサ10(ジギングトーナメント)

 11/18(日)

順延で1ヶ月遅れの今大会、ワタクシ初参加してきました

 

当日朝には知ったお顔がたくさんいらして
楽しそうな大会になりそうです

この親睦会的な感じが、参加した半分の意味

 

そしてクジ引きで船と釣座を決める

ワタシは若栄丸の右ミヨシ2番

存在は知っていたけど、初めて乗船する船だ

 

開会式も終わり、ほぼ定刻に出船

 

予想通り大原沖からのスタート

 

若栄ブログにも書かれているが、この日は北西の風が強く
潮の流れも1ノット以上あり、船の流れは右後ろへガンガンと
2ノットくらいで流れていく

ミヨシ2番のワタシには厳しい展開down

しかし、潮の流れが良いからか、前日の大シケ後だからか
はたまた新群れが入ったからか、朝から魚の活性は高い

 

ワタシもすぐにバイトsign01

たいして抵抗もなく揚がってきたのは
2キロ弱のカンパチでした

が、タモに入れる時に水面ポロリ

まあ、ナチュラルリリースということでcoldsweats01

 

次は底から10m以上でヒットsign01

さっきよりもっと引かずに揚がったのはイナダでした

ポロリする前にゴボウ抜きhappy01

その間、右オオドモの方がヒラマサ3本
トモ2番の方もヒラマサゲットしていた

ヒラマサ羨ましい〜〜〜bearing

 

次のヒットも中層、さっきよりも引くけど
ヒラマサのそれじゃあない

で、揚がったのはサンパクでした

なかなかヒラマサになってくれないdespair

 

若栄に同船となったtoshi氏が、ここでヒラマサゲットnote

左舷トモ2番という、決して有利な釣座じゃない彼が
ヒラマサをゲットしていたのは流石でした

後に話していてわかったんですが
一瞬のチャンスをモノにしたみたい

外房に通っていて、良く釣る人ですので
当たり前のゲットですね

 

って、人のこと言ってる場合じゃーないsweat02

ワタシまだヒラマサ釣ってませーんcoldsweats02

 

 

今度は水深40mくらいの
ボトムから5mくらいでドーンときましたsign03

今までの3匹は中層でのヒットでイナダやカンパ

重量感もそこそこあったので“ヒラマサかsign02”と
期待しまくり

ゆっくりじっくりバラさずにファイトする

けど、ヒラマサ特有の首振り、ロッド“グワングワン”がないsweat02

でも良い引きするからマイナス要因は考えないようにして
ヒラマサと信じてファイト

無事にネットに入ったのは・・・

1211181

大きなワラサでしたcoldsweats01

残念、ヒラマサではなかったけど、良い引きだったので
十分満足しています

が、やっぱりヒラマサを釣りたいってのが本音

 

残り1時間を切ってポイント移動

水深が20m前後の浅根でのジギング

その1流し目にヒットsign03

 

そんなに重量感は無いが
今度はしっかり“首振り”をしている

1211182

内心ヒラマサ確定と思っているけど
揚げるまではわからないからねぇ

 

で、揚がったのはヒラマサでしたhappy02

1211183_2

サイズは大きくないけど、やっぱりヒラマサは嬉しいっup

 

ここでストップフィッシング

 

優勝者は9キロ近いヒラマサをゲットされてました

すげぇ・・・

 

ワラサ、カンパチ部門でワタシのワラサが2位に入ったけど
賞品が出るのは1位の方のみで、惜しいで賞(勝手に授与)coldsweats01

 

大会参加のもう一つのお楽しみが賞品抽選会

 

ワタシはダイワのデッカいプラグとカルティバの帽子

相棒の原ボーが目玉賞品のイセエビをゲットしていた

その確率、3/80

すげぇ・・・

 

なんと今大会、ヒラマサ45本も揚がったそうです

すごい釣れっぷりです

 

秋マサ到来かsign02

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

鹿嶋港ヒラメ釣行

 11/4(日)

およそ2年ぶりのヒラメ釣り

 

なんたって今年は“超”が付くほど爆釣が続いている

1日の解禁前はジグでも10枚以上のツヌケがざらsign03

エサが解禁したらどーなっちゃうんだ?
なんてソワソワしながら釣果を楽しみにしていたら
トップ20枚越えですぜimpact 

 

食ってウマイお魚ヒラメ
こりゃ、行くしかないでしょsmile

 

まずは場所取り

仕事終わってソッコー風呂&飯

ダッシュで家を出て港に21時到着

 

なにやら駐車場にいっぱい車があるんですがsweat02

 

凪予報だったけど大型船だからミヨシは揺れそうでパス

トモ1本狙いで船上へ行くが・・・

 

・・・ 

 

4艇出しの船全部トモは埋まってマスweep

 

仕方ないのでトモ2番に場所を取り就寝

 

恐るべし、エサ釣り師sweat02

 

しっかり就寝したかったけど、久しぶりの釣りなので
期待と緊張で眠れずに朝に

 

 

大型船だが客はいっぱい乗っているので
隣りとの距離が1mと無いほど満員

6時に出船でポイントは港の目の前
15分で到~着~yacht
 

 

さっそく期待の第1投だ

 

投入後、5分くらい船中ノーバイト

あれれ?
イレグイだと思ってたので少し拍子抜け

 

の後、ガツガツっとキマシタよ、アタリがsmile

 

待って、待って、待って、
ゴンゴンギューンで合わせると・・・

 

スポっとスッポ抜けdown

 

まあまあ、こんなこともあるよ

次は針飲み込ませるまで待ってやるゼgood

 

で、投入後すぐにアタリnote

 

ゴツゴツ、ゴツゴツ、ギュン、ギュ、ギュン、
ゴツゴツ、ゴツゴツ、ゴツゴツ・・・

ゴツゴツ・・・

一向にギューンといってくれないsweat01

少し不安になるも、これがヒラメの醍醐味ぢゃ
と、平静を装い我慢ガマン

 

したら、ゴンゴンいわなくなっちゃったsign02

 

しばらく待ったけど全くゴンゴンしないので
仕掛けを回収してみたら、イワシがズタボロで帰ってきたヨweep

 

このころから周りではバンバンヒラメが釣れている

 

も一度エサ付けて投入し、底ダチしたらソッコーアタリsign03

 

今度のは一発でもっていく強烈なアタリ

一気に合わせると乗ったsign03

ヤッター、ようやく1枚

と思ったら、途中でポロリとハズレちゃったcrying

 

 

早合わせはスッポ抜け、待てば放すし
ドカンときてもバラし・・・ 

 

朝イチから3連続でこんなんなっちゃったら
リズムもクソもなく、どうしていいか全くわかんないshock

 

 

前回良い思いをしているので今回も楽勝ムードかと
気楽に考えてたら、そんなに簡単にはいかないdown

どころか、釣れる気がしなくなってきた

 

隣りの親子連れの子供は、まだ10歳くらいだったかな

ワタシが1枚しか釣れずにジタバタしていた9時頃
彼は6枚も釣ってたよsweat02

 

逆隣りのトモの人はすでにツヌケしてた

コツを聞いたら、やっぱり針を飲ますくらいじっくり待てって

釣れてるヒラメが小さいのと、エサのイワシが少し大きいから
いつもより余計に食い込ませた方が良いんだと教えてくれた

 

そこからは順調にフックアップするようになり
終わってみれば8枚も釣れたよnote

121141

 

前半が酷かっただけに、後半の盛り返しでどうにか
お土産と宴会ができるくらい釣れたfish

 

あんまり釣れ過ぎ注意報だったから
エサが無くなり30分程早上がり
 

 

この日のトップはなんと25枚sign03

確かにあんだけアタレば20は越えてくるね

イレグイはウソじゃない

 

 

翌日、いつもの先輩んとこで捌いてもらって一杯beer

121142

やっぱりヒラメは美味しいゼ~~delicious

 

あー、釣れてよかったcoldsweats01

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月17日 (水)

'12外房ヒラマサ9

 10/16(火)

前日夜に急遽休みになったので
スクランブルでせんちょうのとこに行ってきた

 

夜中の港は暴風で車中泊する車が横揺れ

明日は出船できるのか心配しながら就寝したヨsleepy

 

朝になっても風は強かったけど当然の如く出船

波しぶきをくらいながらファーストポイント到着

 

40m前後の根周りからスタート

ほどなく同船者にイナダがヒット

ワタシもイナダをキャッチ&リリース

 

ここではイナダとシイラしかヒットがなく
ワタシもイナダ2ゲットでポイント移動

 

ここから外房名物の修行が始まる

浅いとこや沖、灘、いろんなポイントを転々とするも
ヒットしてくるのはシイラだけdown

 

10時過ぎにかもし場へ到着

ここ数日、ジグでもポロポロとゲットできているので
期待がもてる

と、思いながらも3流し

船中、小カツオとショッパチで終~了~

この日のかもし場は朝の内の活性は高く
エサで何本かのヒラマサが揚がっていたらしいけど
終盤はどの船もヒットが無く、全くノー感じだったなぁsweat02

以前はかもし場でもヒラマサキャッチできてたから
内心釣れると思ってたけど
改めて、かもし場の難しさを再確認

 

その日、その時で魚の活性は全然違う

釣れない時にこそ、釣ることができるように
日々精進で修行に励む

それが難しいんだけどネ

 

その後2ヶ所根周りを攻めるもノーバイトで本日終~了~

 

港まで1時間は掛かるので昼寝してたら
エンジンが突然スローダウンsign02

帰りの途中でせんちょうがナブラを発見sign03

「イナダかもしれないけどやってみようか」

 

ナブラってるのでトップをキャスト

2~3ジャークしたら“バシャッ”と出ましたお魚さんhappy01

引きからしてもイナダでしょ

 

って、寄せても青っぽくないし、黄色のラインも見えないゾsign02

てか、黒っぽいしペタンと平らなオデコ

こいつはガキの頃から
大井埠頭で良く見掛けていたボラぢゃないかsweat02sweat02

 

121016

 

外房で、、、トップで、、、ボラって、、、sweat02sweat02sweat02

 

 

ネタ的には最高の締めくくりでホントの終~了~

 

 

ヒラマサ釣りたい・・・

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

«'12外房ヒラマサ8