« またまた撃沈・・・ | トップページ | 与那国釣行!! »

2005年4月17日 (日)

念願の近海カンパチ

2005.4/17

 昨日の土曜に相洋丸のHPを見たら、結構カンパが釣れている。船中10本だ。一昨日も4人のお客さんで3本のカンパにワラサも混じっていた。貴雅丸も9本釣れている。行くなら今日しかないでしょ、って事でヒデキに連絡をとってみた。行くのはすぐに決定したが貴雅丸か相洋丸、どっちにしよう?過去の釣果は貴雅の方が良いのではあるが、船の流し方が早すぎるのと、スタートから終了までポイントを変えない事が多い。相洋は乗った事自体ないからわからない。でも、釣果は貴雅。ん~~、二人で悩んだあげく、行った事ないから行ってみて自分で判断しようという事になり、相洋に決定。電話で予約を入れる。 

 佐島港のゲートの前に5時半集合。乗船者は私達を入れて9人である。定刻の6時出船。島下のポイントに向かう。ポイント自体は貴雅と一緒なので、ジグの選択は簡単だった。私はこのポイント用に用意した、今考える最強のジグである、ディープスライダーの5オンス、ピンクをセットした。

 ポイント到着後1流し目はノーバイト。そして2流し目で後ろの人にヒット。しかし、すぐにバレ。その瞬間に私にバイト!35mボトムの下から15mくらいのところ。随分下から追って来たみたいだ。後ろの人がバラしているので慎重にファイトして、上がって来たのは3キロ程のカンパ。船長にネットインしてもらい、ようやく近海カンパを釣る事ができた。この一匹を釣るのに何度空振り撃沈しただろう?今日こそは釣れる気がしていただけに、最高にうれしい1尾だ。417ore

 その後、最初にバラした人がスレで1尾追加しただけで、沈黙がつづいたので沖の瀬に移動する。島下のポイントでは潮が結構速かったが、沖の瀬はトロく185グラムのジグが真下に行き、簡単にボトムコンタクトできる。ベイトの反応は結構あるらしいのだが、潮がタルイせいかバイトがない。何度目かの流しの時にボトムをコンコンと2~3度叩いた私にプルプルッとアタリがあった。上げてくると小さいながらも高級魚のオニカサゴ。みんなに「おいしいよ」と言われ、うれしいお土産ゲット。しかし後がつづかないので朝の島下ポイントに戻る。

417kasa  島下に戻ると貴雅がまだいる。相変わらず朝からずっと同じ場所にいるらしい。あれではもし釣れてないと「やり切れないだろうなぁ」なんて思っていた。相洋の船長はアグレッシブで根の上にいても魚探の反応が無くなると、すかさず移動する。長めにいる時は「魚探に良い反応があるよ」とか「ここの船尾側が急なかけ上がりになってるよ」とか、いろいろ言ってくれる。魚探の見えない私達はこういう一言一言が釣りに集中できる事だと思う。 

 さてさて時間もそろそろ上がりの時間。12時きっかりに貴雅は上がっていった。(後日貴雅HPを見たらなんと17本ものカンパが上がっていた!)この船は12時半でも上がらないので1時だろう。上がる10分前くらいから船長のマイクが騒がしくなった。良い反応が結構出てきたみたいだ。ラスト30分なので一生懸命シャクる。5分前になった所で私は根がかりしてしまい、本日2個目のジグロスト。すると、ヒデキに待望のヒット!結構良い引きで上がってきたのは4キロ程のカンパ。ちゃんと口にフックがかかってる。今まではジギングで口にかかった事がないウルトラC級のスレがかりフッキング技術の持ち主も、やっとまともに釣れて私以上に喜んでいる。ここで時間となり納竿。417hide

 船中9人で3本のカンパ。うち私達2人で2本。

 釣り船 相洋丸 料金8000円

|

« またまた撃沈・・・ | トップページ | 与那国釣行!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110000/2029690

この記事へのトラックバック一覧です: 念願の近海カンパチ:

« またまた撃沈・・・ | トップページ | 与那国釣行!! »