« 御蔵島遠征 | トップページ | 御蔵島パートⅡ »

2005年5月 8日 (日)

湾口青物ジギング

2005.5/8

 今日はジョイマリンの乗り合いで湾口に青物を狙って来た。メンバーは私、原ボー、ヒデキ、石沢さん、オオヤンである。乗り合いなので他にあと3人。 このところ湾口方面でイナダやワラサのボイルキャスティングやジギングが良い様だが、三日位前から突然の沈黙状態がつづいている。嫌な予感がするが予約もしてあるし、なんとかなるさ、の思いで行って来た。

 朝の4時半出船で湾口に向かう。途中の観音崎あたりで魚探の反応が良い様なのでここからスタート。何回か流してダメなので湾口に移動する。まあ、本命が湾口なのでOKOK。

 湾口に着いて鳥山を探すが無い様なので、まずは魚探で反応を探し、ジギングスタート。何度も流し変えたり、別の場所に行くが、全くアタリが無い。ブイ周りのカンパもやってみるがやはりダメ。このあたりから「今日はヤバイんじゃないの?」的なムードが流れ始める。そんな中、我らが原ボーが待望の初ヒットを取る。大した引きでは無さそうで簡単に上がってきた魚はなんと50cm位のシーバス!松輪根横の水深40mくらいでシーバスとは!!ジョイの白井船長も「ここでシーバスとは初めてダ!」と驚いていた。

 しばらくすると鳥山を発見!急いで向かってペンシルやジグの軽い物をキャストする。がアタリも無く、1~2投ですぐ沈んでしまう。ふと気が付くと周りにはジョイの他に、トレードウインズやバレントン、フレンドシップといった湾口チャーターボートが全部集まっている。が、どの船も今日は青物をキャッチしていないらしい。やはり状況は良くない。

 2回目の鳥山の時に、ルアーを3回以上通せたが全くアタらなかった。どうして?そんなに難しいのかなぁ?そしたら隣でバレントンがファイト中だ。上がったのは3キロくらいのイナダ?ワラサ?だった。

 その後も鳥山を探しながらのジギングがつづき、帰るまでに4回ほど鳥山がたったがバイトに持ち込めず、残念の帰港となった。しかし、あのボイルの魚は釣るのが本当に難しいね。どの様なルアーで、どの様なアクションをすればいいのか?キャストの方向は?まだまだいっぱい勉強をする事が多いと思わされた1日だった。

 ちなみにこの日、全てのチャーター船で釣れた魚はあのバレントンの1尾だけだった。ルアーはペンシルらしい。

 釣り船 ジョイマリン  料金12600円

|

« 御蔵島遠征 | トップページ | 御蔵島パートⅡ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110000/2040885

この記事へのトラックバック一覧です: 湾口青物ジギング:

« 御蔵島遠征 | トップページ | 御蔵島パートⅡ »