« 大フィーバー外房ヒラマサ | トップページ | 外房ヒラマサⅡ »

2005年6月 5日 (日)

ジョイ遠征ジギング

2005.6/5

 本当は外房に行く予定をしていたら、なんと全船予約でいっぱい。行くところが無いので家でじっとしていようかと思っていたら、前日の夜8時すぎにフレンドシップの釣果速報を見てビックリ。ロング便遠征ジギングで6人の釣果が3~12キロ38本!翌日も遠征で乗り合い1人募集していたので、これは行くしかない。しかしフレンドシップは1回も乗った事がないのでチョット心配。そしたらジョイマリンでもロング便1人募集していたのでジョイに乗る事に決定。ジョイの方が船も大きいので波にも強いしね。

 朝の4時半出船で一路大島沖に。乗り合いメンバーは6人だったので船上は広々だしキャビンの中で足を伸ばして眠れた。そしてポイント到着。なんと航程3時間。周りは結構船がいる。昨日のフレンドシップの好釣果をみんな知っているのだろう。

 釣りを始めて2時間くらいアタリはない。ポイントは30~60mくらいで潮があまり利かず、普段は200グラム以上でも底が取れない時もあるらしいが、今日は100グラムでもバーチカルOKだ。通称“大室ダシ”というポイントで、360度水平線しか見えない。大島よりも先らしく、大島と利島のあいだくらいらしい。

 しばらくスキッドロング170グラムでやっていたのだが他船が2尾くらい上げているサイズが小さいのでディープスライダーの150グラムピンクに変えてみる。その1投目にオイラの隣の人にヒット!するとすぐにオイラにもヒット!見ると6人中5人がファイトしている。使ってるロッドが柔らかかったので良く引いて、上がってきたのは3キロほどのヒレナガカンパチ。他の人も同サイズをゲット。一人はバラシだったので1投で4ゲット。釣れたジグもロングあり色も何でもありと、1尾掛けると活性が上がってバタバタとヒットするみたい。

 周りがあまり釣れていないみたいで、だだっ広いポイントなのに他の船が集まってきた。その後もう一回バタバタヒットがあり、船中10尾のカンパが上がった。他の船は釣れてないみたいだ。

 残り1時間でカンパも反応が薄いので東京湾のサバをやろうという事になり、東京湾に向かう。30分ほど走っただろうか?フレンドシップもサバ狙いで戻ってくる途中にマグロの跳ねを発見したと連絡が入り、急遽Uターン。ポイントに到着して4船でマグロナブラ待ちしたが簡単には固まらず跳ねを2回見たのみで終了してしまった。白井船長が見た跳ねは30キロ前後はあったらしい。そんなの掛かったらオイラのロッドがもたないヨ~。

 そして3時間かけて帰港となった。オイラは3キロくらいを2尾。みんなもそれくらい。ボウズがいなくて良かった良かった。

Photo  釣り船 ジョイマリン  料金18900円

|

« 大フィーバー外房ヒラマサ | トップページ | 外房ヒラマサⅡ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110000/2041513

この記事へのトラックバック一覧です: ジョイ遠征ジギング:

« 大フィーバー外房ヒラマサ | トップページ | 外房ヒラマサⅡ »