« まだ関東は早いのか | トップページ | BMミニシイラ大会 »

2005年7月 9日 (土)

東京湾相模湾遠征シイラ

2005.7/9

 本日は私一人の釣行。前から気になっていて是非乗りたい船の1つの、千葉県は船橋のフレンドシップに乗ってきた。12時間のロング便でシイラ狙いだ。最近のここの釣果は随分良い時がありチャーターよりも、基本的に乗り合いが多いので、今日みたいに私一人でも空きがあれば気軽に行けるのがうれしい。

 集合場所にちょっと迷いながら、4時半に到着。ちょっと小雨がパラつく天気だが9時ころには止む予報なのでそんなに気にはならない。私が着いた時には他の乗船者5人はもう着いていた。挨拶を済ませ、予定通り5時に船橋の港を出船。ここから湾口までは随分時間がかかる。いつも行くジョイやトレードよりもプラス30分といったところか。

 観音崎らへんにさしかかったところで大きな鳥山発見。サバなのはわかっていたが、ちょっと肩慣らしついでに釣り開始。だが、サバだけど結構面白い。バスタックルに60グラムのジグを付け、毎投バイトを取る。40cmオーバーもよく釣れ、デップリ太っているので本当に良く引く。5~6尾も釣ったら疲れて一休みするくらい。私は持って帰らないので、同船者にあげた。まだまだ釣れるし、目の前でボイルもしているが、お土産はタップリだし、なんといっても今日はシイラがメインなので、そこそこに切り上げポイント移動。

 移動の最中、船長に「今日はどのあたりまで行くのですか?」と聞いてみた。この前みたいに城ヶ島パヤオまでで終わりだったら悲しいし、もしそうなら、心の準備もしないといけないからネ。すると船長は「真鶴まで行きますヨ」だって。凄い遠征だ!しかし「12時間コースなら、それくらい行くよな~」と一人で驚きながら、うなづいてしまった。

 シイラ最初のポイントは、千葉側の富浦~館山あたりの、漁師がカニを取る為の網の大きなブイ。最近の海の状況から、ここらへんから沖の潮と湾内の潮がぶつかるところらしい。しかしちょっと寒いのか、このブイではアタリがなく移動。そのまま相模湾方面に船を向ける。結構潮目もあるし漂流物もあるが、ペンペンすらアタらないし見かけもしない。そうこうしているうちに潮目もなくなってきて、どうなるか?と思っていたら、船長が急にエンジンの回転を上げた!何か見えたのか?と思ったら、「大きなシイラ複数尾が飛び上がりながらボイルしていた」と言う。ボイルは一瞬で沈んだが、ボイルしていたであろう場所で船を止め、開始の合図。私は魚が沈みぎみと考え、ドラドスライダーをチョイスしてキャスト。ジャークして誘いをかけながらリーリングしてきて、ピックアップまであと10mくらいのところで1mUPのシイラが私のルアーにバイト!しかし、あまりヤル気がないのか、襲うというより「ハフゥッ」とただくわえただけという感じでくわえた後も、ただボーッとしてるだけである。フッキングしようとしたが、シイラはもう足元にいてうまくフッキングできない。その直後に急に走り出し、5mくらいラインを出されたところで痛恨のフックオフ。しかし釣れそうな海域での初ポイントだったので、今日はまだまだ釣れると思っていた。だが、それは甘かった。このポイントもこの1尾だけで、移動を余儀なくされ、さらに真鶴方面に行くにつれ潮目が全くなくなってきた。

 真鶴に着くと、くっきりとした潮目が出ていて、いかにも釣れそうな気配はするが、シイラからの反応は全くなく、姿も見えない。水温も朝は22度くらいだったが、快晴無風なので24度くらいまで上がってきたが全然ダメ。良さそうな潮目も沢山あったのだが、どうやら魚は居ないのか、ヤル気がないのかノーカンジ。時間ももう1時をまわってるので、帰りながらのワッチ。しかし、まともな潮目もなく城ヶ島まで来てしまった。ここも良い潮目が見えていたが城ヶ島が目の前に見えているので、あまり釣れる気がしなかったが私のロッドにバイト。ちょっとだけしか引かないのですぐにペンペンとわかる。だが残念ながら姿を見る前にバラシ。小さいからいいけど。その後もすぐにバイト。さっきより小さい。サバか?とも思うくらい。上がって来たのは見たこともないサイズのペンペン、いやハンペンか?このサイズが適当に釣れたが、つまんないので竹岡沖のタチウオをやろうということになり、シイラは終了。

Photo_1  竹岡沖に着いて、船長が今日の朝のうちにタチウオの調子が良かったジョイに電話をして水深を聞いていた。するとなんと15~20mの水深だって。こんなに浅いところでタチウオが釣れるとは思わなかった。しかし結局タチウオは同船者に1尾だけしか釣れず、時間になったので本日の釣り終了。

 やっぱり今年はシイラはつらいなぁ。去年のことがあるから期待してしまうけど、やっぱり今年は良くないかもしれない。後は、梅雨明け後に期待しよう。

 釣り船 フレンドシップ 料金 15000円

|

« まだ関東は早いのか | トップページ | BMミニシイラ大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110000/2043215

この記事へのトラックバック一覧です: 東京湾相模湾遠征シイラ:

« まだ関東は早いのか | トップページ | BMミニシイラ大会 »