« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月23日 (水)

初メジマグロ釣行

2005.11/23

 ここのところ相模湾でメジの調子が良いみたいでし。先週に釣友が、エサ釣りだが釣っていて、船中トップが7尾なんて言っていた。それなら行くしかないでしょ。ってことでいつものようにGO。

 しかし鈴清丸は最低6人での仕立てなのだが、集まったのは私、ヒデキ、原ボー、オオヤンの4人だ。片っ端から連絡をしてみるが、みんな都合が悪いみたい。どうするか考えていたところ、4月に一緒に与那国に行った渡辺さんから「友達と2人で行きます」と返事をもらった。これで仕立てられる。

 朝に長井港で渡辺さんと御友人の大島さんと合流して、早速船長のもとへ。挨拶もそこそこに最近の状況を聞いたところ、悲しい返事が・・・。メジはいるのだが、エサ釣り船が沢山で狙っているので、メジがエサのコマセに付いてしまってルアーへの反応が悪いみたいだ。このへんはワラサに似ている。だからエサのイワシも買わなくていいんじゃないかと言ってくれた。無駄な出費は避けられたが、本格的に釣れないみたいだ(T_T)20051123

 少しでもルアーで釣れる確立を上げるため、朝の乗り合いエサ釣り船団が出来る前にポイントに到着する予定で出船。城ヶ島沖パヤオがポイントなので30分ほどで到着した。が、なんともう、かなりの船団が出来ている!何故かと思ったら船長が教えてくれた。どうやら乗り合いは出船が少し遅いので、船を仕立てて先に釣ってしまおうと考える人が多いんだとか。だからもうポイントはコマセ撒かれ放題で、ジグへの反応は悪い。承知しながらシャクっているが、釣れるのは季節ハズレのシイラばかり。2時間近くやってみたが、サバとシイラで全然ダメ。

 船長は、なんとしてもお土産にメジを持っていってもらおうと曳縄を開始すると言い出した。海域も違うし、曳縄なら何匹かは釣れる可能性があるらしい。私達はジグっていてもどうせ釣れないと思っていたので、曳縄漁開始です。

 しかしそう簡単ではなく、なかなか獲物は掛かりません。船でただ引っ張っているだけなので、やる事がなく暇です。2時間半くらいでようやく初メジゲットです。サイズは3キロくらいか。その後は全くダメなので、ダメもとでパヤオに戻り、釣りをしようということになった。じゃないとホントに漁師みたいになってしまう(-_-;)

 パヤオに戻ってみると、朝より船団が多くなっていた。ジグってみても釣れるのはシイラばっかり。それじゃあマジメにシイラ狙ってみるかって事になり、キャスティングタックルでペンシルを投げてみた。するとワラワラと沢山のシイラが湧いて出てきた!この時期に、この場所で、こんなにシイラがいるなんて!20051123_1

 狙うアングラーがいないせいか、ルアーへの反応はすこぶる良い。釣れ過ぎてフックを外すのが大変なので、ルアーからフックを外しバイトだけを取る釣り方にしてみた。海面から背びれを出して、もんどりうってのバイトは見ているだけでも楽しい。

 そんなお遊びをしている最中も、ずっとジギングをしていた大島さんだが、それでもメジからのバイトは無かった(T_T)

 結局メジは船中曳縄の1尾のみ。じゃんけんの結果、私が頂く事になりました。みなさん、すんまそん。

 釣り船 鈴清丸仕立て 料金 一人9000円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

鹿島ジギングパートⅣ

2005.11/20

 先週かなり良い思いをしたので、懲りもせず今週も鹿島です。変わったとこは釣れるサイズがみんなイナダになってしまい、ワラサがほとんど混じらないようになった事と、参加メンバーがずいぶん多くなったとこかな?いっぱい釣れる所はみんな好きみたいです(^_^;)

 あらためてメンバーですが、私、ヒデキ、オオヤン、佐川に、前回の鹿島で一緒に釣ったサワムラさん、それに一緒に釣りをするのは初めての宮本さんと平原さんの総勢7人です。

 前回までの教訓で、数が釣りたきゃ絶対にミヨシかトモだ!はイヤというほどわかっていたので、今回はどうしてもミヨシゲットをしたく、前日のPM9時に港に到着の予定をたてた。みんなそんな早くは行けないので、先発組と後発組に分かれた。もちろん私は先発組でメンバーは私、ヒデキ、オオヤン、佐川の釣りバカグループです(^_^;)

 予定通りPM9時に港に着いたが、なんとすでにミヨシは取られているではないか!本当にこの人達は何時に来てるの?

 しょうがないのでトモに7人分の釣り座を確保。まぁミヨシじゃなくてもなんとかなるでしょ。

 するとヒデキが、今日はルアー船は3隻あるのを発見!まだ残りの2隻は誰も釣り座を取ってない!速攻でミヨシに7人分の釣り座を確保した。ホントにナイス発見である!明日は釣れたナ!

 朝方になり、後発組と合流して出船。朝のうちはちょっと風が吹いていて、ウネリも多少あったが、ポイントに着くとそんなに感じない程度になっていた。20051120

 ここから怒涛の入れ食い釣行の始まりだ~~~!!

 まぁ釣れること釣れること!流すたびどころか、キャスト毎にヒットの連続!ジグもアクションもなんでもいいみたい。イッカも普通になるくらい。みんなでミヨシをローテーションしながら、疲れ果てるまで釣った。そして疲れがずいぶん溜まってきて釣りを中断しようもんなら船長から「ミヨシ~!休むな~!釣れ~!」と怒鳴られる。何でかと思ったら、ミヨシがヒットさせて活性を上げて魚を寄せてくるんだとか。なのでミヨシが休むと船中みんなに迷惑がかかるのである。う~ん、ミヨシはミヨシで大変なのネ。20051120capmiya 20051120_1

 そろそろ沖上がりの時間になったので、疲れていた私達は“釣りをヤメられる”とバチ当りなことを思っていたら、胴の人達がまだまだ釣り足りないんだそうで、チョコっと延長。私達がこんなに釣っても、胴はそんなに釣れてないんだネ。やはりミヨシ、恐るべし!20051120_2

 そんなこんなでずっと釣れつづき、持参したクーラーに入らなくなってきた。その分はイケスに入れてと船長に言われたので入れていたら、30分くらいで50尾くらいが泳いでいた!

 結局本日は船中700尾オーバーという、聞いた事もない釣果に恵まれた。私達だけでも、ゆうに300尾は超えていたと思います。数はもうわからん!この船は竿頭になると次回半額券がもらえるのだが数を数えていなかった。すると船長が「あなた達の誰かで、数は70尾くらいじゃないか」だって。確かにトップはそれくらい釣ったかもしれない。20051120_3

 恐るべしミヨシ!

 釣り船 第三幸栄丸 料金 10000円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

鹿島ジギングパートⅢ

2005.11/13

 今日はヒデキと2人で鹿島です。ここのところの好釣果といったら凄いの何の!イナダ~ワラサが船中200~300尾ですよ!こんなんなら行かねばならぬ、でしょ!

 出船の2時間ほど前の4時ごろに港についたんですが、もうミヨシ&トモは獲られています。みんな早っ!一体何時に来ているの?

 右舷の胴あたりに釣り座を確保して、出船を待つ。すると右舷オオドモに見かけたことのある2人組がいます。前々回、私が一人でここに来た時に、港までの道を教えてくれた人です。挨拶をすると私のことを覚えていてくれていました。うれしいですネ。すると彼らは私達に「トモの方においで。順番に釣り座を変わりながら釣ろうよ」と言ってくれた。なんてやさしい人達なんだ。しかし、彼らの横は1人分しか空きがなく、私達2人が入るほどスペースが無いので遠慮させてもらった。う~ん、実は凄い残念!

 今日も満員のギュウギュウで6時出発。ポイントまでは30分程だが、朝はもうすっかり寒くなっています。この間までシイラを釣っていたのに。20051113

 ポイントに着き釣り開始。早々に周りでヒットし始めます。私のルアーは前回同様130グラムのスティンガードリフト、シルバー。私もすぐにヒット。2キロくらいのイナダだった。その後も移動のたびに誰かがヒットの状態が続いた。

 しかし、移動のたびに確実にヒットしているのはミヨシとトモのアングラーだ。胴の人達は私達を含め、アタる人もいればアタらない人もいる。片舷20人近くいるのでアタらない人の方が圧倒的に多い。

 トモの例の彼も毎投のようにヒットしていたのでシャクリ方を見ていると、ジャカジャカ&カーブフォールで釣っていたので、私も試してみる。するとなんと1投目でヒット。しかも先程までのイナダよりも確実に引きが強い。慎重に寄せると本日初ワラサだった。

 その後最後までコンスタントにヒットして、この日は船中200尾だった。平均で一人5~6尾くらい。私はイナダ5尾にワラサ1尾の計6尾。ヒデキはイマイチ振るわずイナダ2尾だった。竿頭は例のトモの彼で30尾オーバーだった。すんげ~(^^; 楽しそう~(>_<)20051113_1

 釣り船 第三幸栄丸 料金 10000円

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月12日 (土)

TSCプラクティス

2005.11/12

 今回はTSCという、東京湾を舞台としたシーバス大会に参戦している釣り仲間の佐川君の要請で前日プラクティスをしてきた。私は参戦していないが、佐川君の明日の最終戦の成績次第では、年間優勝も狙えるポジションに付けているので、気合と緊張のプラである。

 留めている桟橋の都合で暗い時間にスタートする。大会はデイゲームなので、最初のうちはプライベートシーバスフィッシング。運河内のストラクチャーや沖バースやメバルなどをやりながら、朝マズメを待つ。佐川君が、朝一はチェックしたいポイントが有るというので、薄明るくなってくるのを待って、そのポイントに向かう。が、そのポイントに着く前に、2ヶ所も鳥山が発生!もちろん釣るに決まってます(^_^;)

 やっぱり鳥山は面白いです。何を投げても釣れます。サイズはさほどでもなく40cm前後の金太郎ですが、しばしの入れ食いを堪能しました。もちろん2ヶ所(^_^;)

 チェックしたいポイントに着き、私が先にストラクチャーギリギリにルアーをトレースします。その後に佐川君が別のルアーでチェック。私のルアーにはアタリも無いが、佐川君のルアーにはバイトがある。さすがです。彼は普通には釣らずに、チューンしたルアーや、アクションに工夫をしたりして私との差を出しています。なので、私がルアーを通した後でも魚をバイトに持ち込めるというテクニックを持っています。こういうところがあるからこそ年間チャンプを狙えるのかも知れません。

 このポイントでまあまあの感触を得てポイント移動。何ヶ所か廻るも、どこもパッとせずにウロウロ。本当の本命ポイントは明日にとってあるので、別にポイント探し。そして川の河口部で良いポイント発見。ほんの小一時間で60UPのシーバスを一人3~4本ゲット。中には70UPも混じっています。

 河口のポイントを最後にプラを終了しました。佐川君よ、明日の本戦頑張れヨ~。

 PS 後日、佐川君から報告を受けたところ、大会当日は大外しして散々な成績だったみたいでした。それでも年間成績シングルは凄い事だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日)

久しぶりのマイボート

2005.11/6

 前日に貝剥がしをしていたところ、「明日暇じゃな~い?」「凪だから釣りに行こうか~?」ということになり急遽釣行になった。シーバスに限らず、行ける所で狙える物を釣るといった感じの釣行です。メンバーは私、ヒデキ、オオヤン、福田の4人です。

 桟橋に5時半集合で6時に出船。まずは海ほたるにイナダ狙いで行く。しかし全くダメなので即移動。盤州のイイダコが良いのを知っていたのでイイダコを釣りに行く事にした。

 やはり盤州のイイダコは調子が良く、ポツポツと釣りながら一人5~6杯釣ったところで、もうお腹いっぱいでポイント移動。富津方面にシーバスの様子を見にいくことにした。

 富津に着いたが、10分程ノーバイトだったのでシーバスを止めて海保周りにイカ狙いに行くことにした。

 海保周りですぐに私にアタリがあったが、触っただけのようで即バレ。その後すぐにヒデキがミニスミイカをゲットした。そして小さく移動した直後に、私がアオリを2連続ヒット&ゲットした。やっぱりスミイカよりアオリの方が全然引いて面白かった(^_^;)

 アタリも遠のき飽きてきたので、またしてもポイント移動。今度は中の瀬にシロギス狙いせす。えさはバスメイトおススメのバークレイのワームでガルプ。見た目はそのままアオイソメ。でもワームなので、そのままボートに入れっぱなしでも大丈夫。これは重宝する。

 数匹のシロギスとメゴチを釣ったが、後が続かないのと雨が降ってきたので帰ることした。だが途中の本牧沖で鳥山発見!やっぱり鳥山を見たらルアーを投げてみたくなるでしょ?てなことでちょっと寄り道。都合よく雨も小降りになっていた。

 この鳥山はサバだったが、ジグでもミノーでも何でも釣れた。しばし入れ食いを堪能して、魚も沈み、雨もまた強くなってきたので、本当の終了で桟橋に帰った。2005116 2005116

 たまにはこんな釣りも面白いですネ(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

波崎のヒラメ

2005.11/3

 毎年恒例の波崎にヒラメ釣りに行って来た。なぜ恒例かというと、茨城南部は11月にヒラメ解禁になり、3日なら毎年祝日で解禁してすぐに行けるからである。それに今年も解禁してからの釣果は随分良いので期待大です。今回のメンバーは私、ヒデキ、ツカダさんの3人である。

 毎年のことだが解禁直後なので人がいっぱい乗る。さらに右舷側は団体さんがいるらしく全部予約済み。多少空いている左舷胴に3人で並ぶ。すると中乗りさんが来て「ちょっと窮屈なのでよろしければミヨシにいってもらえますか?」と。願ったり叶ったりです。即移動です。

 波崎港を出て銚子港でイワシを仕入れてポイントに向かう。ポイントまでは近くて30分程。釣りを開始すると、誰かしらがアタッていたりヒットしていたりします。やっぱり調子が良いようです。

 何回目かの流しで私にアタリが!イワシをモゾモゾとしているのが竿を通してわかります。ここで早合わせは禁物。船長が言っていましたが、今年は小型が多いせいか、しっかり食い込むまで5分でも10分でも待つそうです。しかし3分程待ったところで、ウンともスンともいわなくなってしまったので仕掛け回収。えさのイワシの尻尾の方がボロボロに噛まれていたが、最後まで食い込んでくれなかったようです。

 その後の流しでヒデキにもアタリが。やっぱりヒデキも5分程待ったところで、ヒラメにソッポを向かれてしまい、さっきの私と同じ事に。

 周りを見ているとやっぱり小型が多い。ソゲクラスが8割くらいか?だからなかなかフックアップしないみたいです。

 次の流しにまた私にアタリがありました。今度のアタリは一気にもっていってくれたので簡単にフックアップできました。後はゆっくり上げてくるだけです。あまり引かずに上がってきたのは40cmくらいのソゲクラスかな?

 その後は急にアタリが遠のき、残り1時間くらいでツカダさんが仕掛け回収中に小さなイナダをゲットして、本日の釣行終了。2005113

 今年はヒラメが小さいゾ~!?

 釣り船 信栄丸 料金11000円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »