« 久しぶりのマイボート | トップページ | 鹿島ジギングパートⅢ »

2005年11月12日 (土)

TSCプラクティス

2005.11/12

 今回はTSCという、東京湾を舞台としたシーバス大会に参戦している釣り仲間の佐川君の要請で前日プラクティスをしてきた。私は参戦していないが、佐川君の明日の最終戦の成績次第では、年間優勝も狙えるポジションに付けているので、気合と緊張のプラである。

 留めている桟橋の都合で暗い時間にスタートする。大会はデイゲームなので、最初のうちはプライベートシーバスフィッシング。運河内のストラクチャーや沖バースやメバルなどをやりながら、朝マズメを待つ。佐川君が、朝一はチェックしたいポイントが有るというので、薄明るくなってくるのを待って、そのポイントに向かう。が、そのポイントに着く前に、2ヶ所も鳥山が発生!もちろん釣るに決まってます(^_^;)

 やっぱり鳥山は面白いです。何を投げても釣れます。サイズはさほどでもなく40cm前後の金太郎ですが、しばしの入れ食いを堪能しました。もちろん2ヶ所(^_^;)

 チェックしたいポイントに着き、私が先にストラクチャーギリギリにルアーをトレースします。その後に佐川君が別のルアーでチェック。私のルアーにはアタリも無いが、佐川君のルアーにはバイトがある。さすがです。彼は普通には釣らずに、チューンしたルアーや、アクションに工夫をしたりして私との差を出しています。なので、私がルアーを通した後でも魚をバイトに持ち込めるというテクニックを持っています。こういうところがあるからこそ年間チャンプを狙えるのかも知れません。

 このポイントでまあまあの感触を得てポイント移動。何ヶ所か廻るも、どこもパッとせずにウロウロ。本当の本命ポイントは明日にとってあるので、別にポイント探し。そして川の河口部で良いポイント発見。ほんの小一時間で60UPのシーバスを一人3~4本ゲット。中には70UPも混じっています。

 河口のポイントを最後にプラを終了しました。佐川君よ、明日の本戦頑張れヨ~。

 PS 後日、佐川君から報告を受けたところ、大会当日は大外しして散々な成績だったみたいでした。それでも年間成績シングルは凄い事だと思います。

|

« 久しぶりのマイボート | トップページ | 鹿島ジギングパートⅢ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110000/2154033

この記事へのトラックバック一覧です: TSCプラクティス:

« 久しぶりのマイボート | トップページ | 鹿島ジギングパートⅢ »