« TSCプラクティス | トップページ | 鹿島ジギングパートⅣ »

2005年11月13日 (日)

鹿島ジギングパートⅢ

2005.11/13

 今日はヒデキと2人で鹿島です。ここのところの好釣果といったら凄いの何の!イナダ~ワラサが船中200~300尾ですよ!こんなんなら行かねばならぬ、でしょ!

 出船の2時間ほど前の4時ごろに港についたんですが、もうミヨシ&トモは獲られています。みんな早っ!一体何時に来ているの?

 右舷の胴あたりに釣り座を確保して、出船を待つ。すると右舷オオドモに見かけたことのある2人組がいます。前々回、私が一人でここに来た時に、港までの道を教えてくれた人です。挨拶をすると私のことを覚えていてくれていました。うれしいですネ。すると彼らは私達に「トモの方においで。順番に釣り座を変わりながら釣ろうよ」と言ってくれた。なんてやさしい人達なんだ。しかし、彼らの横は1人分しか空きがなく、私達2人が入るほどスペースが無いので遠慮させてもらった。う~ん、実は凄い残念!

 今日も満員のギュウギュウで6時出発。ポイントまでは30分程だが、朝はもうすっかり寒くなっています。この間までシイラを釣っていたのに。20051113

 ポイントに着き釣り開始。早々に周りでヒットし始めます。私のルアーは前回同様130グラムのスティンガードリフト、シルバー。私もすぐにヒット。2キロくらいのイナダだった。その後も移動のたびに誰かがヒットの状態が続いた。

 しかし、移動のたびに確実にヒットしているのはミヨシとトモのアングラーだ。胴の人達は私達を含め、アタる人もいればアタらない人もいる。片舷20人近くいるのでアタらない人の方が圧倒的に多い。

 トモの例の彼も毎投のようにヒットしていたのでシャクリ方を見ていると、ジャカジャカ&カーブフォールで釣っていたので、私も試してみる。するとなんと1投目でヒット。しかも先程までのイナダよりも確実に引きが強い。慎重に寄せると本日初ワラサだった。

 その後最後までコンスタントにヒットして、この日は船中200尾だった。平均で一人5~6尾くらい。私はイナダ5尾にワラサ1尾の計6尾。ヒデキはイマイチ振るわずイナダ2尾だった。竿頭は例のトモの彼で30尾オーバーだった。すんげ~(^^; 楽しそう~(>_<)20051113_1

 釣り船 第三幸栄丸 料金 10000円

 

|

« TSCプラクティス | トップページ | 鹿島ジギングパートⅣ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110000/2154890

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島ジギングパートⅢ:

« TSCプラクティス | トップページ | 鹿島ジギングパートⅣ »