« 富津経由つらいシーバス | トップページ | ’06東京湾サワラジギング »

2005年12月31日 (土)

外房ジギングパートⅧ

2005.12/31

 この時期になると、外房のジギング船はほとんどがヒラメ釣りに変わってしまい、山正丸だけがジギングをやっている。その山正が1隻で頑張って良い釣果を上げている。大晦日に外房に賭けてみよう。まぁ私の場合、大晦日だからといっても、いつもヒマなのであまり関係ナイが(^_^;) メンバーは私、原ボー、石沢さんです。

 大原港に到着してみると、かなり強い風が吹いていた。私の感じでは7割は中止だろうと思っていたが、なんと船長は出船をすると言っている。それなら頑張ろうと、気を引き締め直し乗船する。私達の釣り座は左舷の胴だが、キャビンに入っていないと波でズブ濡れになってしまいます。しかし、満員に近い18人も乗船しているので全員キャビンには入れない。後ろに行って、どうにか波を遮る所に身を寄せる。

 ポイントが海中公園沖で、波風も高かったので、かなりの時間をかけてポイント到着。しかし、ちょっとでも気を緩め、船が横にでも向こうものなら、転覆の恐れすらあり、原ボーなんかは「もう、帰ろうよ~。怖い思いまでして釣りなんかしたくないよ~」と泣きを入れてマス。この意見には私も賛成。

 何とか釣り開始。どうにかシャクれるが、かなりウネリがあるので、海の中ではジグがちゃんと思い通りに動いているかどうか?多分思った様には動いてないだろう。

 しばらくして私の2人隣の同船者に大きなバイトが。なかなか上がってこなく、必死にファイトしている。羨ましく眺めていると、ようやく海面に上がってきた。そして無事にネットイン。なかなかのサイズである。測ると8キロオーバーの立派なヒラマサだった。使用ジグはヒラジグロングのブルーピンク、180gだそうです。チャッカり聞いといた(^_^;)

 この1尾で船中やる気になったが、結局本日唯一のヒラマサでした。波風も強くなって止む気配が無く、何人かは船酔いもしているようなので、ちょっと早めに終了となりました。

 今年最後の釣行もみごとにボーズでした。でも、これに懲りずに来年も日本全国釣り歩く予定です。

 どこかで私を見かけたら、声でもかけて下さい。

 釣り船 山正丸 料金 9500円

|

« 富津経由つらいシーバス | トップページ | ’06東京湾サワラジギング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110000/2162116

この記事へのトラックバック一覧です: 外房ジギングパートⅧ:

« 富津経由つらいシーバス | トップページ | ’06東京湾サワラジギング »