« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月 4日 (土)

’06東京湾サワラジギングⅣ

2006.3/4

 前にトレードウィンズの乗り合いに乗った時に知り合いになった境さんとともにトレードウィンズをチャーターして、サワラジギングに行ってきた。メンバーは私、境さん、ヒデキ、原ボー、オオヤンの5人です。

 ここ数日の釣果はあまる良くないので、潮に合わせて少し遅めの6時半出船です。ポイントには1時間程で到着します。すると、いつも通りに出船している他の僚船数艇は、すでに数匹ゲットしている模様です。今日は期待が持てるかも(^o^)

 釣りを開始するが、そう簡単には釣れない。何匹かサバが釣れるなか、私にサバとはあきらかに違うバイトが!もちろんエイとも違う引きで、間違いなくサワラだと思います。(最近はエイを2ケタ近く釣っているので、エイの引きが大分解かるように・・・(-_-;)) 慎重にファイトしてあと10数mのところで船長のネットだったのに、痛恨のバラシです・・・(T_T)

 その後、原ボーが連続でサバをゲットの後、またもヒットです。「またまたサバ~?」と問いかけると「サバじゃあなさそうだけど、全然引かないヨ~」という返事。獲物は何だろう?と、みんなでファイトを見守る。無事に船長のネットに納まったのは、本命の3キロ程のサワラでした。200634

 その後はあまりパッとせず、他の僚船もダメな様なのでヤリイカに変更する。しかし、このヤリイカも前回とは全然状況が変わってしまい、最近は全くダメなようです。たまにマルイカが釣れる程度みたいですが、食味はマルの方が断然美味しいのでOKです(^-^)

 釣りを開始してすぐに原ボーがアオリをゲット。幸先いいのんでないの?その後はポツポツとイカが乗って、ヒデキも極小アオリをゲット。私もアオリをゲットでき、境さんも一番美味しいとされるマルイカをゲットできたので、サワラに戻ることに。200634_1

 サワラ場に戻ってきたが、周りの船も釣れておらず、またもサバタイム。こんな展開じゃあつまらないという私達の気持ちに気付いてくれたのか、船長が「最近イナダのボイルがあるみたいだから、剣崎沖まで行ってみようか?」と言ってくれた。どこにも断る理由も無いし、出来れば行ってもらいたいくらいなので、速攻でOK。

 イナダポイントに着くと、プチ鳥山が出来ていましたが、足が速く船が近づく前にすぐに散ってしまいます。1時間くらいトップからジグまで探ってみましたが、残念ながらノーバイでした。そしてもう一度サワラ場に・・・。

 サワラ場は下げ潮に変わっている。船長が「潮が下げに変わってから好調になった事もあるから頑張ってネ」と声をかけてくれた1投目にヒデキがサワラゲット。いいネ。200634_2

 次は私にヒット。午前中バラしているので慎重にファイトして、無事にサワラをゲットした。いいネいいネ。200634_3

 各自1尾ゲットまであと2人。全員サワラゲットはかなり難易度が高いですが、頑張ってもらいたいところです。すると、さっきまでは居なかった鳥がちらほら見えていて、サワラのボイルまで起こり始めた!チャンス到来です!!

 境さんはブレード系のルアーでキャスティングです。すると見事にヒット!ブレード系のルアーはバレやすいので、ヒヤヒヤしながら見ていましたが、難なくゲットです。200634_4

 後はオオヤンだけですが、結局終了の時間になってしまいました。今日はイカもサワラも釣れずにいいところが全く無かったけど、タマにはこういう日もあるサ。今日はアオリとサワラは私が食べさせてあげるがらネ(^-^)

 釣り船 仕立て トレードウィンズ 料金 一人15000円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »