« ’06東京湾サワラジギングⅣ | トップページ | ’06与那国釣行!! »

2006年4月 1日 (土)

相模湾ブリジギング

2006.4/1

 相洋丸の釣果報告を見ていたところ、先週末に船長の知り合いの乗り合い船でが、沖の瀬でオニカサゴを狙ってたところ、みんなの釣り糸がブチブチと切られたという。何事かと思い、ハリスが細いので時間をかけて、上げてみたところなんとブリだったそうです。その後も流すたびにアタリはあるが、何せ細ハリスなので3尾のゲットに留まったそうです。そのポイントも聞いて来てくれて、本日そのポイントに行くというので、そりゃあ、乗るでしょ。メンバーは急だったので私一人です。

 ポイントが沖の瀬なので、200gまでのジグは用意しておきたい。しかし、200gのジグはロングしか持っていないので、急遽バスメイトでショートの200gを購入してから、準備万端で佐島港に向かう。けれど、久しぶりの重いジグでのジギングだ。体がもつかナ?

 6時出船なので5時半ころに港到着。船に乗る前に声をかけられる。誰なのかと思ったら以前にジョイマリンの乗り合いに乗った時に御一緒した人だった。この方も一人だったので、並んで右舷胴に釣り座を確保した。

 1時間程で沖の瀬に着いた。最初のポイントは先週のオニカサゴポイントではなく、水深70m前後の割と実績のあるポイントです。同船者は100g~150gのジグを使っているが、私は昨日購入したコモジグのピンク200gを使う。なので誰よりも着底は早い。しかしノーバイトのまま。潮も少ししか動いてない様子だ。

 オニカサゴポイントに行っても状況は変わらずに船中ノーヒットのままである。ここで船長が動き、ヤリイカやスルメイカを狙っている船団の近くに行き、そのイカを狙っているブリに狙いを変更。水深が150m~200mくらいのポイントです。船長の指示棚は水面から70m~50mくらいである。何度かその棚を狙った後に、私はボトムの方に狙いを絞った。今日の潮のタルさだったら200gのジグで充分ボトムを狙える。しかし、結構頑張ってみたけどノーバイトでした。

 このままいいところ無く終了の時間になりました。やっぱり青物は足が速いので、1週間も前の情報じゃ遅かったかナ?

 釣り船 相洋丸 料金9000円

|

« ’06東京湾サワラジギングⅣ | トップページ | ’06与那国釣行!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110000/2190349

この記事へのトラックバック一覧です: 相模湾ブリジギング:

« ’06東京湾サワラジギングⅣ | トップページ | ’06与那国釣行!! »