« ’06外房ジギング | トップページ | ’061泊2日高知シイラ遠征 »

2006年5月21日 (日)

初イナンバへ

2006.5/21

 今回は一度は行ってみたかった伊豆の遠征、イナンバ釣行です。
 ゴールデンウィーク辺りから20~30キロオーバーのキハダが上がっています。毎年の例ではもって10日だそうだが、今年は長めに続いてくれています。
 だが、相変わらず
1週間くらい前から釣果に陰りが見え始め、この3日間は海が荒れて出船していない。状況は良くない方へ傾いているが、シケ後に新しい群れが入る事を期待して、土肥港の とび島丸に向かった。メンバーは石沢さん、原ボー、私の3人です。

 集合が12時半だったが、初めての港&船なので、早めの12時前に港到着。自分達でクーラーに氷を入れる。しかし、みんなのクーラーがデカいこと!私達の50リットルがかなり小さく見えました。

 船に乗り込む前に船長から乗船の注意を言われる。特に、寝室への出入りの際の注意(着替えや禁煙等)を耳タコに言われた。それだけ徹底してあるだけに、寝室はかなり快適なスペースだった。

 5時間半後にイナンバ到着です。360°見渡す限り水平線しか見えないところに島というか大きな岩が威風堂々と聳え立ってます。なぜか武者震いがしました(>_<)Photo_3

 私達ジギンガー(私達以外に1名の計4名)はミヨシが釣り座です。海上は凪なのですが、潮がイナンバに当たって出来た潮目をやるので、船は激しく揺れます。片足を手すりに引っ掛けながら釣りをするのです。でないと落ちます(^_^;)

 最初の流しです。水深はわからないのですが、船長が水面からのタナを指示してくれます。ジグは圧倒的にシルバーのロングだと聞いていたので、私はスキッドロングの200gを使い釣り開始。
 「水深40m(エサ釣りのコマセのタナ)、ルアーマンは60mから上やってみて!」船長の合図と共にスタート。
 エサ釣りのコマセが大量に撒かれると、全てではないがほとんどのマグロがコマセにしか反応しなくなってしまうらしく、ジグは朝一勝負だそうです。
 潮が早いのでジグは1流しで3~4回の投入しか出来ません。その3投目くらいか、石沢さんと話していたところに、彼に強烈なバイトが!話していたせいか、ヒットから合わせ、ファーストランまで全てしっかり見ていました。右舷トモではエサ釣り師もヒットしていて、船中ダブルヒットです。
 程なくしてエサ釣り師は無事ゲット。本命マグロではなく、ヌルヌルメダイでした。
 石沢さんはまだファイト中です。ポイントからも外れたので、船中全員で仕掛けを上げ見守ります。ファイト時間約5分で上がってきたのは本命マグロ!ギャフも見事一発で決まり、約16.5キロのキハダ無事ゲットです!
 ちなみにタックルはオオマサ565HS、ソルティガEXP、PE5号、リーダー100lb、ジグはK’s3 200gです。Photo_4

 朝一からこんなんだから、気合入りまくりで頑張ったんですが、後が続きません。確率が良いエサでもマグロはかからない。流すたびにメダイは釣れているが・・・。

 結局、朝一の石沢さんの1本だけでした。この日、イナンバには約7~8船の釣り船が来ていたが、エサを含めマグロゲットは石沢さんの他、1本だけだったそうです。

 釣り船 とび島丸 料金 9500円

|

« ’06外房ジギング | トップページ | ’061泊2日高知シイラ遠征 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110000/2256724

この記事へのトラックバック一覧です: 初イナンバへ:

« ’06外房ジギング | トップページ | ’061泊2日高知シイラ遠征 »