« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

7月2日は・・・

 先シーズン以来約半年ぶりの鈴清丸でのシイラです。
 先週、今週と相模湾ではシイラが絶好調のようです。
 参加のみなさん、期待して頑張りましょう(^-^)

 しかし・・・天気があまりよくない予報で、小雨まじりらしいです(T_T)

 今年はまだ良い釣りしていないのに、頼むヨ~(ToT)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

若いと思っていたが・・・

 体の調子のせいで2週間休んでいたジムに一昨日久しぶりに行った。

 最初はディープジギングの体力強化のために通い始めたジムだったが、最近はダイエットの方がメイン?になってきている(・・;)

 ジムに着き最初に恐る恐る体重計に乗ったが思ったよりも増量していなかった(^-^)

 久しぶりなので、ムリをしないように軽めにマシーンをこなしてから1時間のウォーキング&ランニング。
 終わった後は疲れも無く「たいした事ないな!」と余裕ブッこいていたら、今日になって筋肉痛が襲ってきた(T_T)

 ムネ筋が痛い。
 ウデ筋が痛い。
 モモ筋が痛い。

 すぐに筋肉痛がこないのは歳のせい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

デ・デカイ!

 昨日25日(日)に佐川君がよくお世話になっているプレアデスに乗り合でジギングマダイに行ったらしいのですがた・た・た大変なことが・・・

 釣り上げたのは船長なんですが、ベイジギングロッドに200番ベイトリール、PE1.5号、リーダーフロロ25号で、クエ(モロコ)1m20cm(重さは秤がなかった為わからず)を釣り上げました。ちなみに東京湾口で!2006625

 これは凄いを通り越して事件だと思います。一緒に行っていた佐川君もちゃっかり2キロのマハタをゲットしたみたいなのですが、クエが凄いがらマハタの話題がイマイチインパクトにかける。普通ならマハタでも凄いのにネ(^_^;)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シロギス釣り

 6/25

 私事なのだが、与那国、四国、そして7月末の九州と遠征3連チャンと続くので、金額的にチョットキツイ(T_T)
 なので週末は家で大人しくしていようと決めていたのだが、シーズンインのこの時期に3週も連続で釣りに行かないと、さすがに禁断症状が・・・(・・;)

 釣りに行きたい気持ちと金銭的にセーブしなくてはという気持ちとの戦いだったが、全て解決してくれる情報を見つけた!
 マイボートで釣りに行けばいい。東京、川崎、横浜辺りのシーバスは調子がよろしくないらしいのだが、盤洲でシロギスが好調のようである。この釣りならそんなに難しくないし、あわよくば盤洲シーバスも狙える。第一お金もそんなにかかんないしネ。
 メンバーは私、オオヤン、ヒデキの3人です。

 シロギス狙いなのでゆっくりめの朝6時過ぎに桟橋を出る。多摩川河口部に数艇のシーバス狙いのボートがいる。しかし今日はシロギスがメインなので横目に見ながらスルーです。
 約30分で盤洲到着。3m~10mのブレイクでシーバスを狙っているボート発見。
 とりあえずシロギスは後まわしにして私達もシーバスフィッシング開始。
 しばらくバイブや湾ベイトをキャストしていたがノーバイト。向こうの船も釣れてる気配なく移動してしまったので、シロギス狙いに変更です。

 6m前後からスタートし、徐々に浅いレンジに移動しながら2mまで探ったのに誰一人アタリがない?おかしい??こんなはずでは・・・(-_-;

 時間がまだ少し早いので、シロギス狙いの乗合船が出船していない。なので周りを見渡しても私達しかおらず、ポイントを曖昧にしかわかってない私達は場所が正解なのかすらわからない。

 それでも適当に流しながら釣りをしていると、1艇2艇と増えてきて、私達の周りには乗合船とプレジャーボートで6艇くらいのシロギス狙いの船が集まってきた。
 ポイントは間違ってなかったのですが、全然釣れません。
なんでダ~(-_-;)

 最初のポイントは、海から千葉を見てアクアラインの右側に入ったのだが、全くアタリもないし、船が6船くらいしかいないのがおかしい。最近のシロギス乗合船はもっと出ているハズである。
 私はアクアラインの反対側、木更津方面が気になってきたが、今日は霧が非常に濃く、アクアラインがボヤケて見える程度で、木更津方面に船が浮いているかすらな~んも見えない。
 しかしここにいても釣れないのは確かなので、みんなに「木更津に行く」とポイント移動を告げる。
 アクアラインをくぐったところで、沢山の船団が見えた。近づくとみんなシロギス狙いです。こっちが本命ポイントだった。
(^-^)

 早速釣りを開始したが・・・
 2時間程で私1尾、ヒデキ1尾、オオヤン0。思ってたより遥かに釣れないのです。どうして?
 時間を見てもまだ10時前。私達の駐艇場は潮が引くと海底が露出して使用不可能になってしまうので、満潮位にもよるが、離岸着岸は満潮時の±2時間くらいしかない。
 今日はPM3時までは帰れないのです。頑張って釣り続けなくてはならないのです
(-_-;)

 さすがに飽きてきたのでアクアラインにシーバス&最近流行のワーム落とし込み黒鯛をやりに行くことに。
 しかし簡単には釣れず、約1時間程でノーバイトのギブアップ
(-_-;)

 その後再度シロギスに戻った。ヒデキが好調でポツポツ釣っていたが、私は全くアタらない。オオヤンも1尾釣ったが後が続かないので2人してお昼寝タイムです(´0`)

 結局ヒデキは8尾のシロギスを釣ったところで、さすがに飽きてきたらしく私達を起こしてきた。時間もPM2時前ころだったので盤洲を後にした。

 帰りながら風の塔と東燃バースでシーバスをやったがノーバイト。

 何ヶ月かに一回くらいしか出ていないと、やっぱりシーバスは難しいです。前は簡単に釣っていたから、いつでも釣れると思っていたが、それは毎日の様に海に出てシーバスを追っかけていたからだったんだと、最近つくづく思います。

 PM3時になり桟橋に帰れる時間になったので、ここで終了。

 今回味と匂い着きワームでしか釣りをしていないが、生エサだったらどうだったろうか?近くにいた釣り船の釣果報告を見てみたら、そこそこ釣っている(20尾~50尾)。
 イソメも用意しておけばよかった(ToT)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

急遽・・・

 天気予報によると明日は雨が降らないと予想しているので、明日は久しぶりにマイボートに乗ってこようと思ってます。

 ターゲットはシーバスじゃなくて、最近好調の盤洲、超シャローでの20cmオーバーシロギスです。引き味も抜群です(^-^)

 もちろんシーバスが釣れそうなポイントに遭遇したら簡単にキャストはしようと思ってますが(^^;;

 明日の夕飯はシロギスの天ぷらで一杯やっかナ(^o^)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

やっと・・・

 去年の正月から溜まっていた過去の釣行記がやっと全てUPし終わった。
 長くダラダラ書いてあったりもしますが、気が向いたら読んでみて下さい。

 これからは日記・コラム・つぶやきも書き込もうと思っています。

 さっそくつぶやき・・・
 先週に知り合いがバスメイトツアーで九州にクロマグロ狙いで行ったのだが、BIGONEは出なかったものの、2日で10本のクロマグロをキャスティングでゲットしたのだ!
 う~~~羨ましい~~~(><)
 私は釣果が物凄く気になっていたので、釣行初日の夜にメールで友人に確認してしまうくらい(・・;)
 それでも気が治まらず、帰ってきたばかりの兼三さんに合って話を聞こうとバスメイト開店と同時に入店して、兼三さんに質問攻め(^_^;)

 なぜそんなに気になるかというと?
 私も行くのです。7月28日~30日に。
 早く行きたいです。
 凄く行きたいです。
 先は長いです(ToT)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

’061泊2日高知シイラ遠征

2006.6/3~4

 去年に引き続きバスメイト主催の四国シイラツアーに行ってきた。メンバーは去年とほとんど一緒で、兼三さん、鶴田さん、関西から参加の川畑さん、原ボー、オオヤン、私に、与那国でBIG GTゲットは記憶に新しい、今年初参加の小金沢さん(1週間前に足を肉離れで歩くのもやっとの状態(^^;;)の総勢7名です。

 今年は去年より3週間程早い日程である。その方がシーズン初期で、大きいシイラがよく釣れると聞いたからだ。

6/3

出発前に確認したところ、去年と同じツアー内容だと聞いていたが、高知空港からレンタカーを借りに行ったら去年は2台だったのが、今年は1BOXが1台だけだった。
 7人で荷物&タックルがある私達では到底狭い!幸い空港からホテルまでは30分程なのでギュウギュウな、すし詰め状態での移動をしたのだった。

 初日は船長の用事で港に17時半には帰らないといけないので、急いで12時には出船した。
 去年の釣行記にも書いてあるが、ここのシイラ釣りはパヤオ(ウケ)狙いなので、一人1~2投してチェイスがないと即移動である。

 数ヶ所目のウケですぐにシイラの反応はあったが、ペンペンクラスでチェイスのみ、しかも2投目は反応しない。結構スレてる感じがした。
 こんな事を何回か繰り返した後のウケで本日初ヒットは鶴田さんです。ペンペンでしたが見事本釣行初ゲットです。
 しかしまたその後はアタリが遠のくようになってしまう。けれどもポイントは無数にあるので沖へ向けてどんどん流して行く。だが、この日は風が強く沖に行けば行くほど荒れてきて釣りをするのも大変は状態になってきてしまったので、Uターンして別の列のウケを灘側に向けて打っていく事にした。Photo_19

 今年は去年よりシイラが少なく感じる。今日も1ヶ所のウケに1尾ヒットで、2尾ヒットしたのは1~2回だけである。去年はシイラがいるウケでは3ヒットくらいしていたものだ。
 そのことを船長に話してみたら、この日の昼に漁師が沢山のシイラを獲っていったんだと。今日の午前中はシイラでいっぱいだったみたい。タイミング悪~(>_<)
 でも、半日で何トンというシイラが入ってくるから明日は心配ないそうです。Photo_23

 灘側に戻りながら釣りをしていくと、風も弱くなり釣りやすくなると適当にヒットしてくる。BIGONEはでないものの、ポツポツとヒットして初日終了。各自1~3尾といったところか。Photo_20
 その後はホテルの大浴場で風呂に入り、夕食&飲みで10時前には就寝となった。

6/4

 2日目は5時半出船。港には私達の他に2グループがシイラ狙いでいた。その中の1船とこの日は一緒の行動となった。乗っているのは大人2人と子供(小学3年生くらいか?)。
 2船でウケに同時に入り、両側から攻める。ウケの向こうこっちで釣りをするから、向こうの船のファイトシーンがよく見える。小学生が非常にうまかった。このような恵まれた場所で小学生から釣りが出来るなんて羨ましいかぎりです。Photo

 10時くらいの時に、あるウケで小金沢さんのポッパーにキメジがヒットした。そこで40~50gの軽めのジグにして水面下20mくらいを攻めてみるとトリプルヒットだ!残念ながらランディングは原ボーの1尾だけだったが今釣行初のカツオをゲットです。このカツオ狙いは後が続かず、すぐに次のウケに。Photo_5
 やはり今日も灘目の方がシイラが多い。各自数尾釣って沖へと向かっていくが、沖に行くほどアタリは遠のくので、昨日と同じくUターンして灘目を目指した。Photo_18

 あるウケで、ルアーの違いでチェイスしる、しないがはっきりわかるシーンに出くわした。
 確かに、ポッパーかペンシルかミノーか、水面の上か下かでは変わるとは思っていたが、ほとんど同じ系のルアーでこうもハッキリ差が出るとは・・・。
 BC-γだけにシイラがバイトしるシーンを何回も見た。ミスバイトしたシイラの目の前に似たようなルアー(例えばこの時はライブベイトαやドラドスライダーだった)をキャストしてみても反応はするが後ろを追っかけるだけでバイトまではしない。しかしそのシイラに再度BC-γをキャストすると必ずバイトする。
 そんなシーンが何度とあったのだ。
 私は
BC-γを持っていなかったのでそのシイラは釣れなかった。Photo_22

 沖上がりまでラスト30分くらいで、この釣行初の4ヒットがあった。小金沢さん、鶴田さん、原ボー、私だ。
 私のが一番小さく80cmくらいだったので最初にランディング。他のみんなは結構大きく120~130cmくらいあった。このファイトがラストになり沖上がりです。Photo_21

 そうそう、足が肉離れの小金沢さんは、この頃になるとかなり普通に近い状態で歩いていた。初日は相当なビッコだったのに。船に乗って釣りをしていて回復するなんて・・・。病は気から?冗談です(-_-;)
 楽しい事をしていて痛みを忘れて負荷がかかってたりしたらと思うと明日以降が心配です。??心配無用?そうでした。小金沢さんはドクターでした(^o^)

 ホテルで風呂に入ってから空港に向かう。去年は「四国はうどんでしょ」とばかりにうどん屋にいったが味がイマイチだったので今年は行くのをヤメようと言っていた。だが「この道覚えてる」とか「ここ右折でうどん屋だったなぁ」なんて言っていたら結局うどん屋に入る事になってしまった。(ちなみに運転手は私です(^o^))
 今年は入って正解で、みんな去年より美味しいと言っていた。中には2杯も食べた人もいたくらいだ。

 高知空港で関西行きの川畑さんと別れ、空路羽田に向かう。
 夕方6時ごろに羽田に到着し、サヨナラして解散したけれど私達を含むみんなバスメイトに行っていて再会(>_<)
 もちろん私達はBC-γを買ったのだった。

 旅費全て込み 70000円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »