« ’06相模湾シイラⅣ | トップページ | きっと釣れる・・・ »

2006年8月24日 (木)

ワームでマゴチ

 8/20(日)

バスメイト兼三さんから興味深い話しを聞いたのが、つい数日前。
ワームのテキサスリグでマゴチが結構釣れるというのだ。

去年も同じような事を聞いたのだが、チャレンジしようと思ったらパッタリと釣れなくなってしまい、くやしい思いをした。

そんなこともあったので、今回はフットワークも軽く、すぐに行くことにした。
メンバーはオオヤンと私の2人。

前日にシイラを釣りに行ったので多少の疲れもあり、出船を午後1時として夕マズメまでを狙うことにした。

ポイントは近く、航程10分ほどだ。
兼三さんに教わったとおりに、3m前後の水深を1/4~3/8オンスのテキサスやジグヘッドで狙っていく。
何船かのエサ釣りの乗合船もいて、ポチポチ釣っているので、魚は間違いなくいる。

しかし、なかなか私達のワームにはアタってくれずに2時間程ノーバイト。
オオヤンが1回シーバスを掛けたくらいだ。

もう、いい加減飽きてきて、限界に近かったときに、私に待望のバイト!
あまりに久しぶりのアタリだったので、あせってアワセてスッポヌケ(ToT)
マゴチはアタってから少し送って、一テンポおいてから合わせるのがいいと聞いていたのに。

相当悔しいです。
回収したワームにはクッキリと歯形が着いていた。

この1回のバイトでまたまたヤル気が出てきて2時間経過。

そろそろ暗くなり始めてきたので帰ろうかと思った矢先、また私にバイト!
今度は落ち着いていて、オオヤンにもアタリがあったことを教えられるほど。
そして一テンポおいて“聞いて”みると、まだワームをくわえていて“グッグッグッ”と引く感触が伝わってきた。
もうここしかないでしょ。
デニー・ブラウワーばりに(チョット古いか?)鋭く大きなフッキングをかます。
しかし無常にもテンションが掛かっていたのは最初だけで、またもバラシ(ToT)

本当に悔しいです。

今回再認識したことが、私はボトムを取る釣りが好きみたいだ。
バスやってた時も、勿論巻き物も好きだったが、ワームやラバジが結構好きだった。
普通なら2時間もアタリがなかったら、とっくにヤメてたり、メゲてたりする。
っつうか、2時間も持たん!
しかし今回は続いた。オオヤンはとっくにヤメたかったりしてネ(^^;;

辺りも暗くなり始めていたので、上がることに。

来週にリベンジ決定だ。

|

« ’06相模湾シイラⅣ | トップページ | きっと釣れる・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110000/3185707

この記事へのトラックバック一覧です: ワームでマゴチ:

« ’06相模湾シイラⅣ | トップページ | きっと釣れる・・・ »