« ’06外房ジギングⅡ | トップページ | いつから流行ってるの? »

2006年9月12日 (火)

’06相模湾カツオ

 9/10(日)

台風明けの今週頭から好釣果で、昨日の土曜日は早上がりするほど釣れている。
昨日の悪夢を振り払うには丁度いい、絶好調の相模湾カツオが今回のターゲットだ。
乗る船はいつもの鈴清丸、11号兄ちゃん船長だ。

参加メンバーは毎度お馴染みの夏の相模湾が好きなメンバー、鶴田さん、友井さん、sawaさん、Tさん、Kさん、イトマサ、オオヤン、原ボー、私の9名だ。

予想外にエサのイワシの購入に時間をとられたが、AM6時頃に沖に向けて出船。
しかし今日は南の風が強い。
ミヨシに居ても波をかぶるくらい強いのだ。
ナブラなんかは全く見えず、鳥を見ながら追いかけるくらいしかない状態。
こうなったら我々の眼は利かないのと同じ。
兄ちゃん船長に全てを任せる。

ワッチ開始から2時間以上たった時、本日初の鳥山発見!
イワシを撒き始めるとハミが出だした!チャンス到来!!

兄ちゃん船長が叫ぶ!

「ルアーなんかより、“これ”使え~」
“これ”とは、漁でも使う一本釣りの竿。

兄ちゃん艇にはいつも一本釣り用の竿が4~5本備え付けてあるのだ。

ミヨシで一本釣り、胴でルアーを使い、釣り始める。
一本釣りメンバーもルアーもヒットが連発するほど活性が高い。
だが、ルアーは1尾釣るのに時間がかかる。

一本釣りはその点速い。
ルアー1尾に対して、うまくいけば5尾は釣れる。
その点が漁に向いているのだな。

バタバタと釣ったが、チャミングに魚が入っていた時間はほんの1~2分だったので、ここでの釣果はカツオ、メジ、キメジ、ソーダ合わせて9尾だった。9109

その後に期待したが、波風が一層強くなり、ミヨシが波に刺さるほどになってしまった。
波風が強いと魚も沈みぎみで鳥山も立たず、残念ながら沖上がりの時間に。

釣果ははっきり言って良くはない。
ずっと好釣果だったので残念ではあるが自然や天候が相手ではどうしようもない。

しかし、今年はどこに行っても私の釣果が悪いな~。
早く神田のお寺に厄除けに行かなければ・・・。


釣り船 鈴清丸仕立て 料金 一人9500円

|

« ’06外房ジギングⅡ | トップページ | いつから流行ってるの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110000/3416917

この記事へのトラックバック一覧です: ’06相模湾カツオ:

« ’06外房ジギングⅡ | トップページ | いつから流行ってるの? »