« ショックだな~ | トップページ | ’06相模湾カツオ »

2006年9月11日 (月)

’06外房ジギングⅡ

 9/9(土)

今年は夏マサが全然釣れていない外房が、3日位前からとうとう釣れだした。
半分以上がワラサだが、ヒラマサも釣れればサイズは大きく、5キロ以上ばかりだ。

今週木曜から好調の気配が出だし、翌日金曜には4人でヒラマサ6.8キロ~9.3キロを3本にワラサが船中ボーズ無しの6本と好釣果が出た。

青物は移動が早いので、好調の時にすばやくフィールドに出られるかが結果を出せる一番の近道だと思う。
週末限定での釣行しか出来ないサンデーアングラーの私にとっては、好調な時が週末になる事自体がなかなか無いので、このチャンスを見逃す手はない。
数名の釣友を誘ってみたが、翌日釣行の為誰も行けず、私一人での釣行だ。

ポイントが三本松~ミヅカなので、川津港の新勝丸に乗る事にした。
4時半ころに港に着き、5時に船に乗り込んだ。
このところの好調で15人乗船。

私の釣り座は右舷ミヨシ3番。結構良い場所かな。

5時半出船で6時に三本松から釣り開始。
しかし今日は潮がカッ飛びだ。真潮と呼ばれる潮が3ノット程もある。(真潮とは当地で非常に良い流れで釣れるとされている潮の事)
水深が40m~50mなのに、200gのジグでも3回程の底の取り直しで底が取れなくなるくらい轟々だ。

最初の流しからワラサがポツポツ上がる。
右舷お立ち台、右舷2番とアタリがきて、次は私の番?だったが、何事もなかったようにスルー。
その後は右舷トモ、またも右舷2番にと右舷側ばかりアタる。
その訳は、右舷側から新しいポイントに入っていくからだ。
私は右舷側なので、この流し方は大歓迎だ。

しかし、私には一向にアタリが無い。
となりの人が早くも3本目のワラサをゲットする。
なんで私にはアタリが無いの?

結局朝の1時間程でワラサ船中6本。バラシも数匹あった。

アタリが遠のいたのでミズカに移動したところ、ヒラマサが立て続けにヒットした。
2ヒットの2ゲット。両方右舷側で、トモから2番と3番の人で5.2キロと7キロだった。

これで本日右舷側でアタリが無いのは私と右隣の人の2人になってしまった。
かなり焦りだす。

すると半ば戦友とも思えてきた右隣の人にヒラマサらしいヒットがあった。
唖然とする私を横目にファイトしていたが、痛恨のフックアウト。
本人はかなり悔しがっていたが、アタリも無い私も相当悔しいです。

その後はアタリも無く、沖上がりに。

船中ワラサ9本、ヒラマサ2本。
15人での釣果ならば、さほど好結果とは言えないが、ワラサ1本以外は全て右舷の釣果です。
本日右舷にいた人は私含め7人。実質6人の釣果。
これなら好釣果といえると思う。

今回、なぜ自分だけがアタリがなかったのか?
左隣の人はトップの3本ゲットだし。
シャクリ方、ジグの形状、重さ、色、全て釣れている人と大差無いと思う。
なのに・・・。
ダメなところがわからないと、次回も同じ失敗を繰り返してしまうかも。
どうしよう・・・。

かなり自信喪失です(ToT)

釣り船 新勝丸 料金 9500円

|

« ショックだな~ | トップページ | ’06相模湾カツオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110000/3405419

この記事へのトラックバック一覧です: ’06外房ジギングⅡ:

« ショックだな~ | トップページ | ’06相模湾カツオ »