« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

写真を多く

私の個人的な意見として、ブログや釣行記は
写真が多い方が見ていて楽しいと思う。

そんなことを思っていたときにsawa氏と釣行を共にする機会があった。

同行したsawa氏はほぼ毎日ブログを更新している立派なブロガー。

私なんぞは週1更新は当たり前、釣りに行かなければ
2週間も更新ナシなんてのもよくある。

釣りに行った時も、私は一生懸命で釣りに夢中、
写真なんかは“魚が釣れた時”にしか撮らない。

なので当然、釣果が無い時は
画像が無いブログになってしまうので
見ていてつまんない。

でも釣りをしていたいんで結局写真撮影は後回し。
これではブログを書く資格ナシか?
でも釣りがしたいし・・・

だが、さすがブロガーsawa氏は違う。
しょっちゅうパチリパチリと写真を撮っていた。

今はチャンスなんじゃないの? な時とか
写真撮ってる場合じゃないヨ~? な時も
しっかりパチリパチリ。

(一日、目いっぱい釣りをしてボーズなので
ぜんぜんチャンスな時ではなかったが・・・)
つうか、いつでもチャンスに感じてしまうのは、もはや病気か?

自分のブログの見た目を良くする為にも
私も次回からはなるべく多くパチリパチリといってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

'08外房ジギングⅦ

 10/25(土)

昨日までの雨も止み、風も然程吹かない予報での釣行。
ここ数日は出船していないので、状況は出てみないとわからない。

メンバーはsawaさん、原ボー、私の3人。
船中5人と空き空きで、余裕でミヨシ確保。
船はいつもの新勝丸

スタートから小一時間でファーストポイント到着。
すでに山正丸松鶴丸が攻めていたが、ポイントが広いので大丈夫。

このところのヒットポイントなのだが、全船ノーヒットでポイント移動。

次のポイントでsawaさんがスマガツオをヒット&ゲット。
とりあえずボーズは免れたと言っていたが
スマ程度では
認める訳にはいかない。

朝から曇りで風もウネリもチョットあり、潮も適度に効いていて
青物には最高のコンディションかと思っていたが、その後が続かない。

後半に同船者が2キロチョイのヒラマサと、他の同船者が
1キロチョイのカンパチを釣って本日終了。

海の雰囲気は良かったが、何かが足りなかったのだろう。
またも完封負け。

最近ロッドで魚を釣ってないなぁ~。
ロッドをしならせたいなぁ~。
ドラグをジージーいわせたいなぁ~。

今日も鹿島のワラサは爆釣だ。
来週まで続いていたら、鹿島のワラサを釣りに行こうかな?

 釣り船 新勝丸 料金10500円

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

明日の予定

明日は前から決まっていた外房釣行の日。
相変わらず釣れてない、というかここ数日出船していないみたい。

ぶっつけ本番的要素満載。

鹿島じゃワラサ爆釣だけど、ワラサがダメって訳じゃなく
気分は外房なので、同行者は納得しない様子。
てか俺も納得しない

同じ青物なのに、ワラサをたくさん釣るよりも
1本の(釣れない)ヒラマサなのねん。

明日はシケ後だし、ヒラマサが爆釣しちゃうかも?happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

’08相模湾キハダ釣行Ⅴ

 10/19(日)

大物キハダゲットを夢見て、またまたやって来た相模湾は長井港。
この先は船の予約も取ってないし、いつまで続くかわからないので
一応自分の中での今シーズン最後のマグロチャレンジ。 (の予定)

メンバーはオオヤンとイトマサに
バスメイトのお客さん2名のトータル5人。
船宿はいつもの鈴清丸だが、今日は大船長の親父さん艇である。

朝港に着くと、風がびゅんびゅん吹いている。
これではマグロのナブラも見えないし
マグロがいる海域にも行けないほど。

親父さんと相談した結果、マグロは諦めカツオ狙いに変更。
マグロ狙いのタックルしか持っていってなかったくらいなので
相当残念であるが、天候不良なのでどうしようもない。

070  

 

 

 

 

 

 

本日も朝日に向かって爆釣祈願。

昨日好調だった海域に着くと鳥が多く
程なくして船長が撒いたイワシにカツオが着きチャミング開始。

ハタキの一本釣りにポツポツあたるが
散水の下にカツオがかなり見えているわりにはヒットが少ない。
数匹ゲットしたところでカツオが船からぬける。

この釣れなさに船長も不思議がっていたところ
昨日好調だった兄ちゃん船長がら無線が入り
前日より2度も海水温が下がったと連絡が。

これで納得。

マグロどころかカツオも厳しい状況だ。

その後、小一時間程移動をしていたところで突然睡魔に襲われたので
キャビンの中で暫し睡眠タイム。

このところ仕事が忙しく、前日も泊まり明けだったので
疲れが溜まっていたのかも・・・

と、言い訳しといて

眠りから覚めたら船が港に帰ってましたcoldsweats01

結果を聞いたら、最初と同じようにポツポツと拾い釣りで
ハタキにはポツポツと釣れ、ジグではトータル3尾だったそうです。

069  

 

 

 

 

 

 

中にはソーダも混じっており、船長曰く今の時期は
カツオより美味しいんですと。

それでは食べ比べしなくちゃと、いつもの いさ美寿司 へ。

068_2 067

 

 

 

 

 

左写真の左側がソーダで右がカツオ。
右側はカツオのタタキ。

食べてみた感じ、カツオの身はモチモチしていて
ソーダは2~3日置いた刺身みたいにネットリしていた。

両方美味しかった。

でも、ホントはここに
赤身、中トロ、オオトロが食いきれないほど並ぶ予定だったのに。

もうその野望は達成されずなのかなぁ~?

釣り船 鈴清丸 料金14000円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

凝りもせず

今週末、またもキハダを狙いに行ってくる。
ここまできたら半分は意地みたいなもんだな。

前回ご一緒させて頂いた2人組の人達なんか
キハダ狙いで今シーズンだけで10回以上も船に乗ってるんだって。

だけどゲットできてない・・・。

良い条件の時に海に出られてないのが敗因。

釣りが上手いとか下手とかではなく
自然条件が合わないと釣りにならないから。

前もって条件がわかる訳はないから、その条件に合うには
釣りに行く回数を増やすしか方法がないんでは?

ゲットするには難しいかもしれないが
釣れたことを夢見て頑張ってきます。

(実際ホントにマグロ釣る夢をみてるし・・・coldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

相模湾キハダ釣行Ⅳ

 10/13(月)

本来この日は釣りの予定ではなかったのだが
前々日にバスメイト兼三さんから電話があり
「一人キャンセルが出たんですけど、乗りますか?」と。

もちろんキハダの事。

しかもその前日なんかは大フィーバーだったらしく、船中6人全員ヒットsign03
なんて感じだったんだと。

このところのキハダ情報はあまり良くなかったし
自分の中では もう終わったのか? なんて考えていたとこだったので
またチャンス到来とばかりに即バイト。
確率が悪い釣りだが、行かなくちゃ釣れないもんね。

船はいつもの鈴清丸、メンバーはバスメイトのお客さん達で7名。

早朝5時出船。
まずはエサのイワシを買うのだが、その量がスゴイ。
10杯。普段買ったことない量だ。
当然だがみんな釣りたいのである。


沖に向けて船を走らせるが、波が高く、風が強い。
相当な時化模様。少し酔い気味になるほど。

海面が荒れるとマグロのナブラが出ないで苦戦すると船長が言っている。
今日も不発か?
朝からブルーな気分になる。

しばらく走ると鳥山発見。
048  

 

 

 

 

 

 

イワシを撒き散水すると、マグロではなくカツオが船に付いた。
船長が「ハタきな、ハタきな」と叫ぶ。
そう、一本釣り開始である。

モノの数分でクーラーいっぱい。お土産確保である。

046

 

 

 

 

 

 

 

その後は鳥山はあるが、魚が船に付いてくれず、
マグロのナブラも見えないまま、時間だけが過ぎて行く。

昼近くにようやく凪できた頃、他船でマグロが掛かったと無線が入る。
でも、そろそろ上がる時間だ。
今日も終わりか? と思っていたら
船長が残業を決めてくれた。

凪になったせいか、マグロのナブラが出始めた。
でもなかなかヒットしない。難しい。

そんな中、弟船の竜海丸がマグロを掛けた。
しかし、惜しくもラインブレイク。残念。

他の船もヒットし出した。
我々もテンションが一気に上がる。

今度は結構良いナブラ発見。
船長は、これが最後のチャンスだと気合を入れてくれた。
だが誰の竿にもヒットせず、本日終了。

その時、同じナブラを釣っていた竜海丸がまたヒットしたと無線が入る。
ファイトシーンを横目で見ながらゆっくりと帰港した。

悔しい~~~~~。

港に着いたのは夕方4時。
鈴清丸史上、最長の残業らしい。お疲れ様でした。

程なくして竜海丸が全速で帰ってきた。
ゲットしたマグロを見せてもらう。

039 041

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱりマグロはカッコイイ。
ハラワタ取って25キロ。

羨ましい~~~~~。

我々の獲物は

033 

 

 

 

 

 

サイズは違えど、美味しく頂きました。

034 036

 

 

 

 

 

左がカツオ、右はオオヤン達が今日熱海で釣ったイナダ。

 釣り船 鈴清丸 料金17000円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

'08外房ジギングⅥ

 10/12(日)

約4ヶ月ぶりの外房ヒラマサ釣行。
前日までの状況はあまり良くないので、今回は気負いゼロ。
ラク~な気持ちで大原港の山正丸さんに乗船。
同行メンバーはうみさん、菊ちゃんとで3人。

薄明るくなった朝5時すぎに出船。
ポイントに着くまでに、朝日に爆釣祈願。
いや、“せめて1尾でも祈願”

061  

 

 

 

 

朝一のポイントでいきなり菊ちゃんがスマガツオをゲット。
船中1尾目だ。

060  

 

 

 

 

食べて美味しい魚なので、本日の隠れ本命。
非常に羨ましいが、まだまだ自分も釣る気マンマン。

しかし無常にも時間は過ぎ、釣れる魚は入れ食いペンペンのみ。
たま~にショッパチが上がる程度。

1時間以上残業してくれましたが、本命ヒラマサは船中0本。
私はペンペンのバイトすら無く、完封負け。

次回の予定は25日なんだけど、秋の海になっててくれるかな~?

釣り船 山正丸 料金10500円

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

明日の予定

明日は約4ヶ月ぶりに外房に行きヒラマサを狙ってきます。
状況はあまり芳しくないが、そろそろジグをシャクリたくなってきたので。

前回御一緒した菊チャンと、うみさんとで山正丸に乗船予定。

今日はヒラマサは釣れなかったと船長が言っていたみたいで

イナダやスマ、ショッパチも掛かるので、小さめのジグも用意した方が良いと。

どうしよっかな~?
一人だけ大きいジグでヒラマサ釣っちゃおうかな~?

な~んて菊チャンと話してたら、彼も同じ事を考えていた・・・。

まぁ、釣れなくても外房ヒラマサ。
これから秋マサのシーズンだし、体と雰囲気を慣らしておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

チョット気が早いか?

本日、sawa氏から電話があり
「毎年恒例の元旦釣行の件なんですが、そろそろ予約を・・・」と
気の早い催促がきた。


元旦釣行といえばいつもトレードウィンズさん。
次回で5~6年連続だ。

みなさんご存知の通り、この1、2年でタイラバが流行ってきた。
東京湾も例外ではないのだが、関西や九州といった西の方に比べると
釣果はやや落ちる。

しかし、毎年元旦にお世話になっているトレードウィンズさんは
東京湾でのこの釣りの第一人者と言ってい良い。
最近の釣果も物凄く、東京湾でこんなに大鯛が釣れるとはsign03

Tai111111111111111111111

これは前回鶴蔵氏が
トレードウィンズで釣ったタイ

 

 

 

 

元旦となると、時期的に厳しいかもしれないが
ライトタックルでの大鯛、期待しちゃいます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »