« '08外房ジギングⅥ | トップページ | 凝りもせず »

2008年10月16日 (木)

相模湾キハダ釣行Ⅳ

 10/13(月)

本来この日は釣りの予定ではなかったのだが
前々日にバスメイト兼三さんから電話があり
「一人キャンセルが出たんですけど、乗りますか?」と。

もちろんキハダの事。

しかもその前日なんかは大フィーバーだったらしく、船中6人全員ヒットsign03
なんて感じだったんだと。

このところのキハダ情報はあまり良くなかったし
自分の中では もう終わったのか? なんて考えていたとこだったので
またチャンス到来とばかりに即バイト。
確率が悪い釣りだが、行かなくちゃ釣れないもんね。

船はいつもの鈴清丸、メンバーはバスメイトのお客さん達で7名。

早朝5時出船。
まずはエサのイワシを買うのだが、その量がスゴイ。
10杯。普段買ったことない量だ。
当然だがみんな釣りたいのである。


沖に向けて船を走らせるが、波が高く、風が強い。
相当な時化模様。少し酔い気味になるほど。

海面が荒れるとマグロのナブラが出ないで苦戦すると船長が言っている。
今日も不発か?
朝からブルーな気分になる。

しばらく走ると鳥山発見。
048  

 

 

 

 

 

 

イワシを撒き散水すると、マグロではなくカツオが船に付いた。
船長が「ハタきな、ハタきな」と叫ぶ。
そう、一本釣り開始である。

モノの数分でクーラーいっぱい。お土産確保である。

046

 

 

 

 

 

 

 

その後は鳥山はあるが、魚が船に付いてくれず、
マグロのナブラも見えないまま、時間だけが過ぎて行く。

昼近くにようやく凪できた頃、他船でマグロが掛かったと無線が入る。
でも、そろそろ上がる時間だ。
今日も終わりか? と思っていたら
船長が残業を決めてくれた。

凪になったせいか、マグロのナブラが出始めた。
でもなかなかヒットしない。難しい。

そんな中、弟船の竜海丸がマグロを掛けた。
しかし、惜しくもラインブレイク。残念。

他の船もヒットし出した。
我々もテンションが一気に上がる。

今度は結構良いナブラ発見。
船長は、これが最後のチャンスだと気合を入れてくれた。
だが誰の竿にもヒットせず、本日終了。

その時、同じナブラを釣っていた竜海丸がまたヒットしたと無線が入る。
ファイトシーンを横目で見ながらゆっくりと帰港した。

悔しい~~~~~。

港に着いたのは夕方4時。
鈴清丸史上、最長の残業らしい。お疲れ様でした。

程なくして竜海丸が全速で帰ってきた。
ゲットしたマグロを見せてもらう。

039 041

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱりマグロはカッコイイ。
ハラワタ取って25キロ。

羨ましい~~~~~。

我々の獲物は

033 

 

 

 

 

 

サイズは違えど、美味しく頂きました。

034 036

 

 

 

 

 

左がカツオ、右はオオヤン達が今日熱海で釣ったイナダ。

 釣り船 鈴清丸 料金17000円

|

« '08外房ジギングⅥ | トップページ | 凝りもせず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110000/24522989

この記事へのトラックバック一覧です: 相模湾キハダ釣行Ⅳ:

« '08外房ジギングⅥ | トップページ | 凝りもせず »