« 飲み会は楽しい | トップページ | カワハギ »

2008年11月19日 (水)

懐かしい・・・

昨日仕事で千葉方面に行ったときのこと。

カーナビの指示通り走っていると、何やら見覚えのある道になってきた。
すると目の前に印旛沼が見えてきたsign01
115 113

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここに来たのは20年ぶりだ。
もの
凄く懐かしいsign03

ただ単に年月だけでなく、なぜ懐かしいかというと・・・

 

高校に入学した時に野球部に入った為、3年間ほぼ休みが無しになる。
しばらく釣りに行けなくなるので、高1の春に近所の野池に行き
自分の中でのケジメのバス釣りに行った。

その後は釣りから遠ざかり、高校卒業後は車やバイクに夢中になり
釣りとは無縁だった。

そんな時、車仲間の一人から
「じょーじってバス釣りやる? 今度行こうぜ」って誘われた。

久しぶりのバス釣りに凄く興奮したのを覚えている。
そして向かったのが印旛沼だった。

 
当日は大雨で、仲間は誰も釣りはせずに車の中に居たのだが
私一人手漕ぎボートで沖に出て、スピナベを投げまくっていた。

そのスピナベにバスがヒットsign03したのだが、ジャンプ一発でバレた。
しかし、私の中の釣り熱が再び燃え上がるのには十分だった。

今でもそのシーンはスローモーションのように覚えている。

それから2~3回印旛沼に行ったが、当時はシーズナルパターンなんか
知るはずもなく、バルサ50とかロングAとかを
沖の方で闇雲に投げてたからバスは全然釣れなかった。

 

その後に北浦に行き始め、オカッパリでも
バスがいっぱい釣れることを知り、
霞ヶ浦ではボートからのバスフィッシングを覚えた後、
自分が上手いと勘違いをしてプロ登録してみたが
自分の未熟さをしり、すぐに止める。
(この辺の切り替えは早い)

その頃から霞、北浦ではバスがあまり釣れなくなってきたので
“釣りは釣れた方が楽しい”派の私は
ボートシーバスにハマリ、
今に至っている。

 

そんな私の釣りバカ熱を再発させるキッカケとなった印旛沼。
あそこでスピナベにヒットしなければ今の私は居なかった?
それ程私にとっては印象的な場所なのです。

|

« 飲み会は楽しい | トップページ | カワハギ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110000/25484107

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい・・・:

« 飲み会は楽しい | トップページ | カワハギ »