« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月29日 (水)

デカ~!!

出勤前なので簡単に。

 

ぬゎんと本日朝一に新勝丸で推定15キロくらいのヤツが
揚がってるじゃぁあ~りませんかsign03

やっぱデカイsign01

アングラーの方は外房が釣れていても釣れていなくても
足繁く通っておられる方です。

そうでなければダメなんですネ~。

 

W様、おめでとうございます。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

マルイカ

巷ではそろそろ今週あたりからGWになるころでしょう。
しかし私のGWは3日~5日の3日間しかない。

その3日間のうち、3日がマルイカ釣行。
5日がタイラバ釣行である。

タイラバはもう何度かやっている釣りなので心配はないが
マルイカは初挑戦の釣り。

 
当日御一緒していただくのは、以前タチウオ釣行で御一緒でしたU氏。
私の我がままで「今度マルイカ連れて行って下さい」とお願いしたことを
覚えてくれていて今回の釣行になった。
それにY君とで3人。

 

しかしこのマルイカ釣り、全くやったことがないし
ザ・フィッシングや釣りロマンでもマルイカ編の時に真剣に観ていた記憶が無い。

とりあえず竿は、以前カワハギ用に シャローウィード釣具店 で安く買った物が
あるけど、仕掛けだ。

U氏が親切にいろいろと教えてくれたのだが、無知な私は
よくわからないので、出来合いのものを先ずは1セット。

094281_2

最初はこれで十分でしょ。

 

錘も買わなくては。

Y君曰く、「スカリーライトは要らないですからね~」

そう言われたら買っちゃうでしょdash

094282

次はどうやって釣るのか?

ネットでいろいろ観てたらダイワ精工のHPに
動画で大塚さんが教えてくれるページ
発見。

時期も違うし水深も違うが、おおよそは見当がついた。

後は釣るだけなのだ~。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

写真付きテスト

写真付きテスト
携帯からの写真付き投稿のテストです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テスト

初めて携帯での投稿です。
うまくいってるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

時化ても良い日

明日は以前から決まっていた、船舶免許の更新の日。

周りの釣友達は、イカだのタイだの青物だのと
楽しい釣行に行くはずで、私も羨ましく思っていた。

しかしこの時化模様。
早々にみんな出船中止になったみたいだ。

今日明日釣りに行けない人達は残念でしたネm(_ _)m

 

休日を潰してどうせしなくてはならない免許更新ならば
釣りに行けない日が良いに決まっている。

結果的には最高の日程取りだった。
ラッキー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

明日いいなぁ

明日は急遽休みになった釣友の原ボーが、
白浜渡船に行くらしい。

ついこの前に結構ワラサが揚がっていて、そして時化。

黒潮の感じからもヒラマサ、ワラサと
時化後の爆釣が期待できんじゃないの~?

 

夜は空けて待ってるゾbottle

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

御蔵島釣行

 4/18(土)

2週間くらい前に船の予約をしたのだが、その時は
銭洲に行く予定だった。

しかし、6日前に行ったイナンバが好調だったので
ポイントがイナンバに変更になる。

そして前日の17日にイナンバが不調になってしまった為
当日は急遽御蔵島に行くことになった。

狙いはもちろんヒラマサ、潮次第でキハダである。

参加メンバーは、オオヤン、原ボー、私の
いつも釣れない大井釣友会(仮名)の3人。

船は土肥港とび島丸

 

深夜1時出船に合わせ、東京を21時ころ出発。
渋滞もなく予定よりちょっと早めの12時前に港到着。

12時半すぎに船に乗り込み出船である。
御蔵には6時ころの到着予定。
ポイントまでの移動中は冷暖房完備の船内で、
1人1つのベッドの中でぐっすり睡眠。

094181  

爆釣を夢みてsleepy

 

5時間後に御蔵到着。
天候はくもり。雰囲気ばっちりな感じ。

094184 094183 094182  

しかし、船長によるとベイトは居ないし潮がカットビの3.5ノット。
何だか嫌な予感がするが、少ない反応にあてて釣り開始。

最初のころは150~200mくらいのレンジを攻める。

数流しした時、となりの人がメダイをゲット。

その後に私にもヒットsign03 ヒットレンジは200m。
ファイトは大した事なく、たまに“グングン”と引く程度。
それでも水深200mでのヒットにジグは280g、最近は
こんなディープな釣りをしていなかったので腰も腕もパンパン。

無事にゲットは約4キロのメダイ。
この魚、別名“ニュル”と呼ばれる程、体がニュルニュル。
触ると面倒になるので、ネットに入ったメダイをそのまま中乗りさんに
クーラーの中に持って行ってもらった。

なので下船後の写真

094185_2

ニュルが手に付き「ぬわぁ~」

その後も激シブが続き、何にも釣れない。
攻めるレンジを浅くしていき、100m、70m、50mと
いろいろな根を攻めるが、青物からの反応はなく、
たま~に根魚が釣れる程度。
沖の鳥山もやってみるが、ヒットはサバのみ。

そしてとうとう時間が来てしまい、最後の流し。
水深は25m前後のシャロー。
すると、このポイントでポロポロと魚が釣れた。
オオヤンもヒメダイとアカハタをインチクでゲット。

094186
この写真も下船後ネ。
なんせ最後の流しなもんで写真撮ってる暇がなかった

 

私もジグでシャローを攻める。
ジグを下からロングキャストでボトムをとり、
ナナメ引きでのシャクリ。
外房でやってるいつものスタイル。

何投目かの時、ボトムから6~7mでドスンと待望のバイトsign01
フッキングも決まり、寄せにかかったら、5~6キロと
ちょっと弱めにセットしたドラグがジィージィーと鳴る。

瞬発力と首の振り方から、ヒラマサと確信して慎重にファイト。
何度かの突っ込みをかわし、水面に出てきたのは
間違いなくヒラマサだ。

最後も慎重にネットインさせ無事にゲットは5.8キロのヒラマサ。

094187

最後の最後にドラマが起こった。

サイズは伊豆離島では小さいが、決して大きさではない。
海の状況が最悪での1本に満面の笑みである。
この1本が今日の不調な釣行を帳消しにしてくれた。
最高にうれしい1本。

 
そして、この1本を釣ったジグがマサムネの155gであるが
sawa氏経由で鹿工房さんに頼んで作ってもらった
魚皮張りチューンのジグである。

094188 094181_2094182_2

このジグだから釣れたと、本当に心から思っています。
sawaさん、鹿工房さん、ありがとうございます。

 

 

程なく終了、沖揚がりの時間。

ベッドでぐっすり眠り、港には18時に到着。

この時間から東京へ帰って、夜の部スタートとなると
いつもの寿司屋は12時までしか営業してなく、時間がない。

事情を説明して、バスメ店長の知っているお店で宴をやる事に。
蒲田にある、たけ田

基本的にお蕎麦屋さんだが、夜は飲み中心で、沢山の芋焼酎や
泡盛なんかも置いてある。

営業時間は12時前には終わってしまうのだが
今日は特別にチョット遅めまで営業してもらった。

094189 0941810 0941811 0941812

上から 
ヒラマサとメダイの刺身
メダイの天ぷら
ヒラマサのカマ焼き
アカハタの煮付け

どれも新鮮なので、身がしっかりしていて美味。

いつも思うが、これってかなり贅沢だなぁ。
釣り人の特権だねbottle

 

次回の釣行も良い釣りができますように。

 釣り船 とび島丸 料金 31500円

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

明日は明日

そろそろイナンバ出発です。

09417

 

でも、なんか今日の釣果は悪かったみたいdown

まぁ、明日は爆釣かもしれないし・・・

とりあえず頑張ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

銭洲からイナンバ

今週末に銭洲に行く予定であるが、そのタックルの準備を
ボチボチ始めていたら、さっき釣宿(とび島丸)から電話が入った。

なんでも2日くらい前にイナンバに行った時にヒラマサが良く、
15キロ前後が3本上がり、その他諸々と釣れたんだと。

速報で知ってはいたが、私達が行くのは銭洲だと思っていたので
そんなに気にはしていなかったが、船長からの電話で
「イナンバが好調なので、イナンバに変更してもいいですか?」と。

デカマサが釣れる可能性があるのなら、断る訳がない。
なんならこっちからイナンバが良いって言おうかと思ってたくらいなので
速攻OKの返事をした。

 
今、2日前のヒラマサ動画を見ていたが、ワクワクしてきて大変sign03

今からドキドキで寝不足になっちゃいそう。

今週末、デカマサ釣れちゃうかな?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

タチウオ&タイラバ釣行

 4/11(土)

前回の釣行でボウズをくらい、このところ魚を釣ってない事に気づく。
そろそろ魚の引きを感じたいし、タイラバのリベンジもしたい。

そんな時にバスメ店長が、もってこいの釣船を教えてくれた。
鴨居港きよし丸だ。

この船は、最近好調のタチウオを狙い、尚且つ後半にタイラバを
やるというリレー船なのだ。

最近好調のタチウオなら、私でも釣れるだろうから魚の引きを楽しめるし
タイラバのリベンジもできる。
即決定だ。

参加メンバーはtsurutaさんと私の2名。

 

AM7時15分頃出船なので、朝は比較的ゆっくりできる。
右舷の胴に二人で座り、出船を待つ。

港を出ると30分も走らずにポイント到着。
すでに船団ができている。
船をゆっくり回して船団に入ろうとしている時に、他の船で釣りをしている人を
見ていたが、誰一人ファイトや魚を取り込んでいる様子はない。

??大丈夫か??釣れてないのか?

「はい、どうぞ。20~40mに反応があります。水深は65m。」
と船長の合図。

ジグを沈めながら水深を測っていたら、30mいかないくらいで
ラインが急にふけるsign02
フォールでのバイトだsign01

フッキングも成功してファイトを楽しみつつ、上がってきたのは
指4本サイズの立派なタチウオ君。

朝一、一投目でのゲットは非常に気持ち良い。

続く二投目はシャクリで釣れ、同船者達もファイト中だ。
いきなり入れ食いモード突入。

釣れるサイズは指4本前後がアベレージなので、私の使っている
安物100番クラスのリールでは、フルドラグでもラインがズルズルっと
出ていってしまうくらい。

た~の~し~い~happy01

連続で5本ゲットして、六投目のシャクリでアタリと共にラインブレイク。

その後は急にアタリが遠のき、30分以上バイトが無くなった。
しかし、魚探には依然変わらずに反応はでている。
一気にスレてしまったのだ。

 
だから最初に船団に入ろうとしたときに、他の船の人達は
誰も魚を掛けてなさそうだったのだ。
すでにスレていたのだ。
しかしスレるのが速い。

 
ジグの色やシャクリのテンポを変えたりしてみたが
ポツリポツリと釣れる程度に。

そんな時tsurutaさんがジグヘッドで挑戦してみたら
連続バイトをとっていたので、私も便乗。
釣れてる人を真似るのが一番だね。
そのへんにプライドは無いdash

すると今までがウソのようにバイトしまくり。
フォールで3連チャンの後、リーリングでも連発sign03

しかし、それも長くは続かず、リーリングでは必ずバイトはあったが
ショートバイトでフッキング率が悪くなった。

それでも飽きない程度に釣れ続け、すでに正午すぎ。

094111  

 

 

 

 

 

 

 

 

この船団はタチウオっぽいね~

094112 094113

 

 

 

 

 

 

 

 

  
tsurutaさんと私の指5本サイズ

094114  

 

 

 

 

 

 

 

  

ズタボロになった無残なワーム君

094115  

 

 

 

 

 

 

 

 

真ん中のが指5本。他のより一回りデカイ

 

12時半を回ったとこで、もう一つの本命、タイラバへ。

ちょこっと走り、13時前にタイラバスタート。

何事もなく静かな流しが続き、何回目かのポイント移動の後に
ついに私に待望のバイトsign03
半分諦めかけていたので、口から心臓が飛び出そうなくらいビビッたcoldsweats02

しかし、3mほどガシガシしてってフッキングに至らずにお終いshock

 
ビッグワンなタイだったのに~down(なハズ)

何故かというと・・・

※ボトムから7~8mでのバイトだったし・・・根魚ではない(ハズ)
※ラバージグ回収して見たら、ネクタイが固結びになっていた。
 口の中でヒモ状の物を固結びできるなんて、相当なテクニシャンなので
 長く生きてるデカイヤツ(なハズ)

以上2点からしてビックワンだな。
いいの、オレがそう思っているから。
 

 

2時間くらいタイラバをやったが、アタリは
船中でその一回しかなかった。
まぁ東京湾でのタイラバはそう簡単には釣れないね。

そして15時に沖揚がり。
たっぷりと一日遊んだが、朝がゆっくりだったので
体はずい分ラクである。

港でtsurutaさんとは別れて、私は夜の部へ。

 

オオヤンと原ボーとでいつもの いさ美 集合。
指5本を刺身にしてもらう。
このサイズは最近食べてなかったので楽しみである。

094116

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、ハンパなく美味かったsign03
脂はたっぷり乗ってるし、それでいて新鮮だから歯ごたえも良い。
久しぶりに大ヒット。

094117  

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりにも美味しそうだったので、先に手を付けてしまった。
この焼きも最高に美味いsign03
身はフワッフワで甘みがある。
とにかくめちゃめちゃ美味いlovely

094118  

 

 

 

 

 

 

 

 

卵の煮付けも出てきた。
これもしっかり美味しnote

もう、タチウオ最高shine

 釣り船 きよし丸 料金8000円

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

とりあえず

タチウオ&タイラバ釣行記は、時間がないので
とりあえず後日アップします。

釣り的にも食味も良かったです~delicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

陸も海も春

もうすっかり春ですね~。

日本人だからなのか、桜を見ると気分が良いデス。
しかも只今満開真っ最中cherryblossom

09473_2 09471 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、私の仕事での生命線路線、靖国通りは
おかげ様で花見渋滞です。困ってしまいます。
09472

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、渋滞中にサクラ見て気分を癒しているのでOK。

 

春といえば、海の中も活性が上がってくる季節。

ということで、チョコチョコと釣行予定を決めてみる。

先ずは今週末。

東京湾では今、季節はずれのタチウオが結構釣れている。
先週までは100~150m位のレンジだったが、最近はどんどん
レンジが上がってきて今日なんかは水面ヒットもあったそうだ。
そのタチウオを狙いつつ、タイラバでタイを狙うというリレー船があったので
その船に乗る予定。

そして再来週は久しぶりに遠征。
遠征といっても数泊での遠征ではなく、船中泊の遠征船。
4月の解禁後から好調をキープしている銭洲にいってくる。
状況によってはイナンバになるかもしれないらしいが
私にとっては久しぶりの遠征になるので、今から楽しみであるhappy01

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »