« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月30日 (日)

09’相模湾カツオ、メジⅤ

 8/29(土)

およそ1ヶ月前にバスデイの酒井氏からお誘い頂いた今回の釣行。

その時は釣れるモノを狙う予定だったので、カツオかな?
って漠然と考えていた。

そしたら釣行2日前から連続で30キロオーバーのキハダが
揚がってきたではないか。(よその船宿だけど)

当日プランを確認したところ、やはり「マグロ狙うよ」って。

沸々と闘志が沸いてきた・・・。

 

船は去年、鈴清丸から独立した弟艇の竜海丸

 

4時半に港を出てイワシを仕込み、いざ出船。

一路西へ。

先行している船からはまだ、今日の良いマグロ情報が入ってこないので
先ずはカツオ、メジ狙いから。

小田原沖にてナブラを発見してイワシ投入。
すぐに船に着きチャミング開始。

ハタキと泳がせでみなさん入れ食い。

098291 098292

私もバンバンハタいていたので魚の写真はこれだけ。

サイズは小っちゃいヤツばっかだけどお土産には十分。

結構釣った後、マグロ情報が入る。

ここからそんな遠くない場所でマグロが跳ねだしたって。

 

すぐさま急行して海域で目を凝らしてワッチ。

すると目の前でデッカイのがドッカ~ンと跳ねたsign03

でも1尾だけ。
その後は何にも起こらなかった。

この近所でもカツオがいたのでいくつか釣って本日終了。

098293

港に着いてから集合写真をパチリ。

サイズは小さいけど、みんなでいっぱい釣れたので良しhappy01

みなさんお疲れ様でした。

  

 

そして今日も夜の部。場所は たけ田さん

098294

カツオのピリ辛ユッケ風

こいつは抜群にウマイ。
今日はおかわりまで注文しちゃった。

098295

メジのごま油がけ?かな?

サイズが小さいから脂の乗りが悪いので
ごま油をたらして

たけ田さんのナイステクニックで美味しいメジになりました。

 

 

しっかしマグロは釣れないね~。

去年からの相模湾キハダフィーバーで、何度と無く気合入れて狙っても
キャストすることすら出来ないなんて普通。

まずは目の前でチャンスがあって、それからだ。

これからはマグロは狙えたらラッキーと考えた方がいいかもね。

 

 釣り船 竜海丸 料金 12800円

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月28日 (金)

マグロが

何だかにわかに相模湾が騒がしくなってきた。

30キロオーバーのキハダが姿を見せ始めてから約1ヶ月。

それからの連日は船宿の釣果が気になってしょうがなく
毎日チェックしていたが、今年のキハダはどうやら難しいらしく
どこもゲットはしていなかった。

 

けれど昨日、ようやく35キロってのがゲットされた。
1本だけだけど、今年相模湾内初ゲットである。

今日の釣果が気になって、昼過ぎからあらゆる宿を猛チェック。

するとやっぱり本日も33キロがゲットされていた。

他にもヒットしてからのブレイクやバラシもあった。

 

何が変わったのか、どうやら釣るチャンスはあるみたいだ。

 

ちょうどタイミング良く、鈴清の弟艇、竜海丸で明日出船予定。

 

去年のマグロフィーバーの時も弟艇は数本のキハダをゲットしている。

間違って釣れないかなぁ~、マジでsign03

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

タチウオ仕立て船

 8/15(土)

本日はバスメイトのお客さん中心のタチウオ仕立て船です。

このところの釣果はあまりパッとしませんでしたが
仲間達が集まっての釣行なので、釣れなくてもそれなりに楽しいハズ。

 
参加人数は18名、船は中山丸

 

朝の6時半過ぎに出船。

098151 098162

1時間程走り最初のポイント、富津南沖に到着。

先行船はいなく、魚探で反応を探す。

程なくして反応を発見し、1投目。
棚は水面~20mまでと浅い。

開始と同時に誰かしらが魚を掛ける。
私にも釣れた。

けれど群れが小さく脚も速いのか、すぐに移動の繰り返し。

1時間程粘ってみたが芳しくないので
金谷沖へポイント移動。

 

金谷沖へ近づくと大きな船団が出来ていた。
これぞ東京湾のタチウオ釣りだ。

098153

反応は思っていたより浅く、終日5~40mくらいを上下。

始めのうちはジグにも反応していたが、徐々に釣れ辛くなっていく。

周りの船も釣れているのはエサの人ばかりに。

 

ここで、私達の船の何人かが、最近流行っているワインドを
使ってみる。

私も初使用であるが、釣れるという噂は聞いていたので
今回始めて使ってみた。

 

そしたら、この釣れっぷりたるや、スゴイですネsign03

ジグで無反応なのに、ワインドイレグイ。
ほんの十数分で10本以上ゲットです。

船中釣れすぎ注意報発令しちゃいそうなくらい。

 

いっぱい釣れちゃうので写真撮るの忘れてましたm(_ _)m

 

時間になったので、揚がりながら今が時期の脂の乗った
“松輪サバ”を狙いに。

場に着いたが今日は鳥山不発で船中数本しか揚がらなかった。
でも、ちゃっかり私は1尾ゲットできたdelicious
ついでに大きなマアジまで釣れたsmile

 

ここで終了沖揚がり。

 

098154 098155 098156

桟橋に揚がってから少し写真をパチリ。

 

船中トップはKさん。
ジグ&ワインドで27本ゲット。

副賞の中山丸1日無料乗船券ゲットです。
(写真がありません。m(_ _)m)

 

 

親睦会を兼ねて、夜の部開催。
いつもの いさ美寿司 で、用事のある方以外11名の参加でした。

098157

本日の獲物の刺身盛り

左がアジ、真ん中がサバ、右がタチウオ

どれも美味しかったが
サバの刺身は普通なかなか食べられないので希少価値抜群
(アジとサバが各1尾なので、11人前作るのには少なかったか?)

 

098158

続いて定番、タチウオの塩焼き

これはハズシがないです。
ホクホクしていて旨しです。

 

 

夜の部は、釣りの話しや何やらで、あっという間の3時間。

翌日仕事の方も何名かいらっしゃったので
程よき時間に解散。

 

皆様、お疲れ様でした。

 

 釣り船 中山丸 料金 9500円

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

明日はタチウオ仕立て

明日は中山丸を仕立ててのタチウオ釣行です。

台風後の初日の一昨日は状況が非常に良く
トップ30本オーバーの船がたくさんあったが
昨日はまた静かになりつつあるのか、トップ10本代。

 

この低調は朝にあった地震のせいと勝手に決めて
明日の釣行時には爆釣復活の予定smile

 

今の時点で今日の釣果がわからないけど
明日は“釣れる日”なの。

理由はないけど・・・
その方が楽しいから・・・ 

 

さあ、明日はどうかな?

 

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

09’相模湾シイラ、カツオ、メジⅣ

 8/8(土)

釣行当日の1週間くらい前から、相模湾のカツオの調子が
上がってきていた。

そして今回お世話になるのが、シイラはもちろん、カツオ、メジを
狙う時は絶対的な信頼をおいている鈴清丸兄ちゃん艇

ただ、兄ちゃん艇はこの1週間、沖に出ていない。

 
気になっていた私は、ウィークデイに兄ちゃん船長に
何度か電話をして状況を詳しく聞いた。

兄ちゃんは、操業していた他の船からの情報によると
良いことしか言っていないと教えてくれた。

そんで電話の最中から段々とテンションが上がってきて
当日は“漁師モード”全開で行くって言ってた。

漁師モードの兄ちゃんはかなり気合が入っていて
こっちも覚悟がいります。

でも、今回のメンバーはOFF SHOREは慣れた者ばかり。
私の釣友の中でも最高レベルの人達が乗船します。

 

メンバーといい、時期的なタイミングといい、船といい、
最高の状況は整った。

 

 

朝の4時半に港出港。
チャミ用のイワシを5杯買い、一路沖へ。

ここからすでに、兄ちゃんの“モード”は違っていた。

微速で船を進ませながら、操舵室の横に居た私に
「今年2回目の漁師モードだよsign03」と言い残すとミヨシに向かい
せっせと一本釣りの用意をし始めた。

09881_2 09882_2

しかもバケ6本に泳がせ3本。
こっちも気合が入ってきた。
本気だネ、こりゃup

 

 

しかし、しばらく走ってもナブラどころか潮目すら
何にも見当たらない。

無線でも他船も何も見つけてはいないみたいだ。

何だか嫌な予感。
気合入りすぎで空回りなパターンは何度も体験している。

 

 

とりあえず流木を発見したのでシイラでもやってみた。

そしたら凄いことが待っていたsign03

小さな流木だけど、デッカイのばっかり数十匹って出てきて
背びれを出してルアーに飛びついてきたsign03

ここで当然全員複数匹ゲット。
最大で120オーバーくらいだったけど、全然デカイのがいっぱい居た。

09883

私達はお腹いっぱいになったので他船に無線で教えてあげて
カツオのナブラを探しにレッツゴー。

 

それからどのくらいワッチしたか、ある無線が入る。
結構南下したトコでデッカイキハダが跳ねてるってsign03

場所的にそんなに遠くないらしい。
兄ちゃんが

「行く?」

なんて、アホな質問してくるので

「当~然」

と答えた。

 
「10キロ前後くらい?」 と兄ちゃんに聞いたら
「20~30キロクラスだよsign03」 と・・・。

 
ななな、何ですとsign02
去年の再来ですかsign02

私達も兄ちゃんも俄然ヤル気マンマン。


ちょっと走ると遠くに小さな船団が見えた。

その近くで水面が白みボイルが出たsign03
私は見そびれたが、同船者がデッカイのが跳ねたの見たって。
20キロはオーバーしてたみたい。

 

でも、私達がポイントに着いてからはボイルが無くなってしまった。
キハダは次回に持ち越し。

 

この海域の近くでカツオの情報が入ったので急行。
ナブラを発見sign03

チャムしたらカツオが船に付いた。

ここから怒涛の入れ食いスタート。

私は最初、小さいジグでやってたんだけど、着水するとすぐヒット。
10投して10バイト。

サイズが少し小ぶりなので、11cmのシンキングペンシルに。
それでも100%のヒット率。

しまいにゃガンマ投げたってヒットしてくる。
なんてスレてない群れだ。

みんなも好きなルアーで釣っている。

 

船長はミヨシで一本釣り。
ボンボンカツオを抜いている。

最初は菊ちゃんも一本釣りをやっていたが
代わってもらい、私も一本釣りへ。

しかし、ボッコボコに釣れる。

さすが漁師の釣りだ。

この模様はsawa氏のブログに動画がアップされているので
もしよろしければ観てください。

ほんの20分でこの釣れよう。

09884

親父さん艇が釣れてないみたいだったので無線で呼んであげて
この群れをお裾分け。

ちょっと早いが港へ向けゆっくり凱旋。
早揚がりとなった。

今回は相~当~面白かった。

 

しかし、サンデーアングラーの私達がここまで釣れるのは滅多にない。

船宿は爆釣はよくあるけれど、その次の日に私達がすぐ乗れるハズもなく
何ヶ月も前から予約をして、その日が良い日かどうかなんて
当日になってみないと分からない。

今回はホントにタイミング的にも最高だった。

ありがとう、兄ちゃん。

 

 

 

先週釣ったカツオがかなり美味しかったので
当然今回も夜の部がありました。

 

場所はいつものいさ美ではなく、ウチの近所たけ田さん。
以前にもお世話になったことがあるトコです。

 

09885

まずはピリ辛ユッケ風

こいつ、最っ高~に旨かったデスnote

09886

定番のカツオのタタキ

当然コイツもマイウ~delicious

09887

これはメジの刺身

ちょっと脂の乗りが少なかったかな。

09888

最後はシメでざるそば

いつもの寿司ではなくて、そばも良いネ。

 

 

今回はホントに良い釣行だった。

また次回も良い釣行でありますように・・・。

 

 釣り船 鈴清丸 料金 13000円

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月10日 (月)

書く暇が・・・

0988

釣行記書く暇がない。

いつもの 日記・コラム・つぶやき ならば携帯からでも
チャチャッと書けるのだが、釣行記で、尚且つ爆釣だったら
そう簡単には書けないでしょ!?

 

明日にはUPするつもりです。

よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

釣れるかな?カツオ、メジ

明日は相模湾カツオ釣行。

先週末からカツオの調子が良くなってきている。

 

 
船は鈴清の兄ちゃん艇。

状況確認やら何やらで、兄ちゃんとは今週3回も電話で
話しをしちゃった。

やっぱり状況は良いって言ってて、本当は今週ウィークディは
出たかったみたいだけど、お客さんが入っていなかったため
釣りには行けなかったみたいだ。

話しているうちに電話の向こうで段々ヒートアップしてくるのが
よくわかるsmile

内心はカツオを追っかけたくて追いかけたくて
仕方なかったみたいfish

そして明日なのだから、兄ちゃんの本気モードが目に浮かぶ。

 

さ~て、明日は良い釣りできるかな?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

第5回マンビカートーナメント

 8/2(日)

今年もバスメイト主催のシイラ大会がやってきた。
宿はいつもの鈴清丸さん。
今年は4艇出しの開催です。

 

港の前に4艇が並び、スタート。
曇ってはいるが海上はベタ凪。

前日までは釣れていないが今日は釣れちゃうんじゃ?

09822 09823 09824

港からすこしのトコで船長が魚影を発見。
一斉にキャストするとペンペンが次々ヒット。

私達の船には9名が乗っていたが、ほぼ全員がキャッチできたか。

でもサイズが小っちゃすぎ。
叉長での検量なので測ってみると45~49cmってとこ。

でも、最近の状況ならばこのサイズでも入賞できるのでは・・・。

 

いくら釣ってもサイズアップしないので沖に向けポイント移動。

 

今日はちょこちょことシイラは釣れるがペンペンばかり。
他の船も無線で同じ様なことを言っている。

 

 

ここでプチ鳥山発見。
近づきすかさずキャスト。

と、同時に私にヒットsign03

さっきまでのペンペンよりも確実に引く。
サイズアップ間違いナシだup

・・・・・・

引きがおかしい。
ジャンプしない。
下に下に潜る。

魚が近づいてきたらロッドティップに“ブルブルブルッ”と
バイブレーションが伝わる。

そうです、うれしい外道、カツオ君でした。

09825

結構大きく、4キロくらいはありそう。

この鳥山はあっという間に消滅してしまい追加できず。

 

その後もシイラを追いかけワッチするが
とうとう雨が降ってきた。

しかも本降りrain

それと同時に全然シイラの姿が見えなくなり
ワッチすること1時間以上。

やるべきポイントも見つからず、雨にうたれて超寒い。

時間はストップフィッシングの1時間ちょっと前。
船にカッパを持ち込んでいない人が3名程いたのもあり
同船している9名で相談した結果、早上がりすることに。

 

船長にそのことを伝えると、港の前で今朝、
イナダ、ワラサの調子が凄く良かったから、それをちょっと
やってみようって。

そんなことなら全然OKsign01
すぐにそこに行ってくださいhappy01

 

 

港前に着くと、確かに鳥と船が多い。

すぐに鳥山発生。ボイルもしてるsign03

 

しかし、近づくと潜ってしまうのでトップだと難しそうだ。

私はサバ用に持ってきた60グラムのジグをセットして
鳥山がいたところ(すでに鳥山はいなくなっている)に
キャストしてカウントダウン。

30m程沈ませてから、早めのジャークで誘ってみた。
するとすぐに答えが返ってきた。

すんなり寄ってきたのでサバかと思ったが、船を見るなり
急に突っ込み良い引きに。

慎重に寄せて無事にネットインは3キロ弱のイナワラサイズ。

これまた、うれしい外道でしたhappy01

 

みんなにジグの方が釣りやすいかも?と伝えると
すぐにDr.Kが同サイズをヒット&キャッチ。

 

時間が迫り、これが最後の流しとなったところで
オオドモから「キャーーー」っと叫ぶ声が聞こえる。

 

前回初シイラを釣ったmiyiki嬢

シイラ挑戦3回目の彼女。
今日はすでにシイラを数本釣っていて、我々の船の中で
一番のサイズをゲットしている。

他船の状況次第では、優勝の可能性もあるのだ。

そんな彼女が青物とファイト中だsign03

 

見事キャッチは立派なイナワラ。やったネ。

09826

ここで時間いっぱい、ストップフィッシング。

 

09827

沖から上がってカツオ、イナワラの写真。

 

船宿に行き、トーナメントの結果発表。

 

まずは特別賞から。

「カツオ、イナワラを釣った安藤さん」

 

すみません、特別賞いただいちゃいましたhappy01

09828

同じく、イナワラを釣ったDr.K氏

09829

同じくイナワラを釣ったmiyuki嬢はレディース賞

098210

もう一人の女性参加者は全体のシイラ竿頭なのでレディース賞

098211

ここからホントの表彰式

098212

前にマルイカ釣行で御一緒させていただいたUさん。
見事5位入賞。

098213_2 098214 098215 098216

上位入賞者の皆様、おめでとうございます。

 

結局私達の船からは上位入賞者は出ませんでした。
その代わり特別賞専門船ですhappy01

 

最後にみんなで集合写真

098217

大会運営の方々、参加された皆様、お疲れ様でした。

 

 

これで終わりではありません。

せっかく釣った美味しそうなカツオ、イナワラがあるので
今日の反省会がてら、いつもの夜の部へ。

ある意味コッチが本番かも?

 

098218

カツオとイナワラ、両方共かなり脂が乗っていて旨かった。
こんなに脂が乗ったカツオは初めてに近いかも。

 

大会の反省会のわりには特に反省の弁もなく
いつもの飲み会でした。

 

みなさん、お疲れ様でした。

 

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »