« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月28日 (月)

カワハギ釣行

 9/27(日)

1~2週間前から決まっていた今回のカワハギ釣行。

というのも、この釣りに2年くらい前からハマっているDr.Kが
「今シーズンは本腰入れてたくさん行きましょう。
シーズン序盤は比較的良型が出やすいデスよ」って
誘ってくれたから。

それに、あの美味しい肝醤油の刺身が食べたいもんネdelicious

 

船は金谷港の光進丸、メンバーはDr.Kと二人。

 

ここ最近の釣果はトップ10枚台が続いていたが
釣行前々日から釣れだし、金曜土曜とトップ20枚オーバーだった。

なので、Dr.Kと二人で「今日は爆釣ダネ」とか言って
楽勝気分で港に向かった。

 

私は知らなかったのだが、ここ光進丸はカワハギファンの間では
人気の宿で、船長も大人気らしい。

どおりで朝一から挨拶が気持ちいいくらい元気だったし
乗船している全員に声を掛けていたっけ。

 

 

7時過ぎに出船。
なんとファーストポイントは港の前で2~3分のところsign01
近っ
sign03

099271 099272

最初のポイントはアタリが遠かったので、即移動。
次も、その次も・・・。

とにかくアタリが遠いとすぐに移動の“ラン&ガン”スタイル。

良いネ、アグレッシブでhappy01

こういうトコも人気がある秘密の一つなのだろう。

 

 

昨日まで調子が良かった港前を諦め、沖の漁礁に移動。

099273

金谷港が近いのでカーフェリーが近くを通りマス。

 

 

漁礁に来てもあまり釣れない。

当然私も、他の同船者もだ。

この辺から?マークが頭をよぎり、「釣れねんじゃね?」って
嫌な予感が・・・。

 

しばらくしてようやくDr.Kが1枚ゲット。
そこからコンスタントに2枚、3枚と釣っていきます。

私は全然釣れなくて、エサ取りの外道すら釣れない始末。

 

私の仕掛けは集魚板というものを付けていたのだが
どうやらソレが良くなかったみたい。

集魚板を取って、そこに代わりにガンダマを付けて
エサを底の方に這わせる釣り方が良いってDr.Kが教えてくれた。

周りの人達も確かに中錘付けてる。

この日のパターンらしきものは、この釣り方みたいだ。

 

 

こういうトコがカワハギ釣りの魅力でもある。

釣り方もいくつもあるし、中錘だけでなく針の形やハリスの長さまである。
この、テクニックというかパターンというかがいっぱいあって
その日、その時釣れる釣り方をした人が数を伸ばす。

トーナメントが開催される釣りって、その時の“当り”があるから
面白いよね~。
(当然カワハギもトーナメント対象魚デス)

 

その仕掛けにしたらアタリが出だし、まずは外道ゲット。
“全っ然嬉しくない顔”してたけど、外道とはいえ
魚が釣れて内心はホッとしていた。

その後に本命のカワハギゲットfishnote

099274

まあまあのサイズだ。
“カンッカンッカンッ”って強い引きで、外道とはまるで違う。

とりあえず、ボーズは回避できたcoldsweats01

後は夜の部beer用に、人数分は釣らないとsweat01

 

 

しかし、漁礁も状況悪く数が出ないので移動。

 

いろんなポイントに行って“ラン&ガン”したが
今日は状況良くないらしく、ポロッポロッと拾い釣りな感じ。

 

そのまま沖揚がりの時間になってしまい、釣果はというと
Dr.Kが6枚に私が4枚。

099275

昨日までの状況からすると、残念な結果に終わってしまった。

 

私の4枚(うち1枚は小型の為リリース)では夜の部開催が
危ぶまれていたが、Dr.Kが釣ったカワハギを全部くれたhappy01

あざ~スnote

 

 

ってことで、夜の部開催beer
いつもの たけ田 です。

 

099276

待ちに待ったカワハギ肝和え

これを食べたかったからカワハギ釣りに行ったといっても
過言ではありません
delicious

099277

小型のワッペンサイズは煮付けです

コイツも非常に美味しかったdelicious

 

 

 

捌いた店長さんが言っていたが、大きいサイズでも
肝が小さかったり、小さいけども肝パンもいたって。

身もあまり脂が乗っていなかったみたい。

時期的にまだチョット早いかな?

本格的な時期になったら、今回のリベンジに行きましょうっと。

 

 

 釣り宿 光進丸 料金 エサ含み 8200円

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

明日27日は



Dr.Kと二人でカワハギ釣行です。

彼は一昨年辺りからカワハギにハマって
何度も釣行を重ねている
言わば中級者。

私は年一、今回4回目の素人なので
色々教わりながら楽しんできます。

何しろあの美味しいキモ醤油の刺身を
早く食べたいですなdelicious


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

09’外房ジギングⅢ

 9/21(月)

大型の台風が接近していたシルバーウィーク前半は
どこの船宿も大体出船中止。

それでも21日からは殆どの宿が出船するといっていた。

 

なので私達3人(sawa氏、菊ちゃん、私)で大原港の
山正丸に予約の電話を入れた。

すると船長から、前日19時半頃に最終判断をする。
それまではわからないって。

万が一、中止になった時のために、どこか押さえの宿を探していたら
白浜渡船がHP上は一応空いていた。
しかし、何人空いているかはわからない状態。

 

19時半になって、案の定山正は出船中止。

速攻で白浜渡船に電話して、3人乗れるか確認したところ
大丈夫ですよ~の返事。

ラッキーでした。

 

 

港に集合して、釣り座をくじ引きで決める。
私達3人は右舷の胴に並ぶ。

船中は満員の14名。

 

まだ薄暗い5時15分頃出船。

港を出るとウネリが凄い。
5mくらいありそう。

ゆっくりと航行しながら、ものの十数分でポイント到着。

ファーストポイントは60m前後の水深。

流し始めて20分くらい、私に船中初ヒットであり~sign01

ボトムから20m以上上でのバイト。
しかし、ゴリゴリ巻けちゃうdown

調子に乗ってゴリ巻きしてたらバレちゃったdowndown
多分イナダだと思うけど、船長すみませんcoldsweats01

その後、同船者の方にバイト。
引きからしてイナダじゃない。

やっと揚がってきたのは立派なワラサ。
やはりボトムから20mくらい上でのバイトだったらしい。

最近東京湾のイナワラサイズしか見ていなかったので
非常に大きく見えました。

誰かが釣れていればヤル気も違うってなもんだ。

 

ほんで、2流し目。
「どうぞ」の合図でいっせいにジグ投入。

隣りの菊ちゃんの方が先にボトムに着底したらしく
シャクリ始めたら、速攻でバイトsign03
ボトムから5mくらいかな。

私もようやく着底したので、隣りのファイトを見ながらシャクリ始める。
相変わらず「来るか、来るか」と毎シャクリ思いながらいたが
そろそろフォールさせようかな?
なんて考えていたら、私にも“ドスン”とバイトsign03

菊ちゃんとダブルヒットだhappy01

やっぱりボトムから20数m上の中層だった。

 

なかなか良いファイトでドラグを鳴らすこと数回。
無事にネットインしたのはジャスト5キロのワラサだ~
uphappy01

099211

菊ちゃんも無事にランディングしたので
ツーショットも。

099212

ちなみにジグは マサムネ155g、魚皮張り仕様

にゃはははhappy01

まだ始まったばかりだよup

今日はどうなっちゃうんだろ~upup

 

この流しは私達の2本で終了。

 

3流し目。
同船者がヒット。船中1本追加。

4流し目。
同船者がヒット。船中1本追加。

 

毎流しヒットするが、14分の1とビミョ~な感じ。

爆釣でもないが、釣れなくもない。

 

結局私は朝一の1本しか獲れずに終~了~。

 

それでも中だるみもあったが、船中9本のワラサをゲット。
(他にイナダ3本)
みなさん中層でのヒットと言ってました。

 

私的には充分楽しい釣行になりましたnote

 

 

大きいワラサなので、夜の部開催beer
この日は久しぶりに いさ美寿司 に行った。

 

099213

先ずは刺身

良い感じに脂乗ってました。
けど、個人的にはあと2日は置きたいトコだったかな?

099214

竜田揚げのタルタルソースかけ

非常に美味しかったnote
注: ここは寿司屋です
dash

099215

カマと頭の塩焼き

抜群に旨かったnotedelicious
そして肉厚。
頭半分だったけど、2人で充分すぎる量がとれた。

 

今回も楽しい釣行ができた。

やっぱりジギング、楽しいゾ~~~up

 

 

 釣り船 白浜渡船 料金 8000円

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

小ブリ?

本日、白浜渡船に乗船しました。

明日から泊まりで仕事なので、釣行記は
23日以降にアップしますm(_ _)m

09921

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白浜渡船

これから出船。

シケ後の荒食いに期待するも
風がちょっと強めかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

青物ジギング大名釣り

   9/19(土)

二日前に予約を入れて乗り合いをかけてもらったけども
結局私一人での出船になった。

本来は3人集まらなければ出船しないのだけれども
「安藤さんなら一人でもでます」って船長の言葉に甘え
船を出してもらった。

けども、やっぱり船長に悪いので、6時間コース料金13000円を
最低出船人数3で掛けて39000円を払った。

これで大きいジョイマリン号を一人でチャーター。
完全な大名釣行だ。

 

前日は他の船だがトップ6本船中47本なんて釣果を上げているので
サバやイナダは一切やらずにワラサ一本勝負。

 

船はもちろんジョイマリン、同行者なし。

 

 

6時の出船に合わせ、5時40分ごろに桟橋に着く。

099201 099202 099203

このサイズの船なら多少の波風があっても大丈夫。

定刻の6時にポイントに向け出船。

 

約1時間程でポイント到着。

上げ潮狙いで潮止りの11時までが勝負。

 

魚探で反応を探しながらの釣り方は、他の乗り合いと
同じ方法だ。

その魚探の反応を真近に見えるように、船長の真横に陣取り
釣り開始。

何度か流したが、反応のわりには魚からのコンタクトがない。

 

開始30分くらいの時、ようやく初バイト。
ボトムから5mくらいでバイトしてきたが、フッキングせず
そのままシャクリ続けていると追い食いしてきた。

しかし、残念ながらイナダ君だったので即リリース。

 

そこから2時間くらいノーバイトdown

前日の爆釣がウソのようだ。

 

先々週の時に良かった速めのワンピッチや、ジャカジャカ巻き、
リアクション系、何をやっても釣れなかった。

基本的に東京湾のイナダやワラサは速めのジャークが
効く傾向があるし、実際先週まで釣れてるジャークは速めだった。

 

ある流しの時に、ジグを“テロッテロッ”って感じに
ゆっくりとジャークさせてみた。

すると、ボトムから3シャクリくらいで、モゾモゾって感じのバイトsign03

しっかりフッキングしてから
すぐに魚探に目を向けるが、
魚探には何の反応も出ていない。

あまりに底ベッタリでのバイトだったのでヒラメか?って
思いながらも、数少ないであろう魚なので慎重にファイトする。

残り5~6mのところで一層引きが強くなりラインを出していく。
イナダではないと確信できる。

そして無事にネットインは本日初ワラサsign03

やった、釣れて良かったhappy02

099204

今日は活性が非常に低いみたいで
魚がボトムにベッタリとへばりついているみたいだ。

だから魚探にも反応が映らないようだ。

もう一度船を廻し、同じポイントにジグを投入。

相変わらず魚探の反応はない。

今釣れたようにテロッテロッとゆっくりと、あまりジグを
跳ねさせないようにシャクっていたら、今度はボトムから
10mくらいのところで“ガツン”とバイト。

しかし、フッキングせずゴンちゃんで終わってしまう。
ジャークを続けるも次のバイトは無かった。

 

ここからまた2時間、ノーバイトのまま潮止り時間寸前。

諦めずにシャクっていると、魚探に良さげな反応が出た。

「良い反応だよ」と船長。

ジグをボトム着底させ、ジャーク開始。
ワンピッチごとに、「来るか、来るか」と思いながらジャークする。

ボトムから10m以上、もうダメか?と諦めかけたとき、
モゾモゾっと小さなバイトsign03

しっかりフッキングも決まり、慎重にファイト。

揚がったのは先程と同じようなサイズのワラサ。
やったぜ、2本目釣れたhappy01

 

その数分後、ボトム付近にパラパラと反応が。

ジグを着底させようと思っていたら、底近くでバイトsign03
フォール中に食ってきた。

獲物は何だ?
フォール中だったからサワラか?
青物?
最悪エイ?

引き方からしてエイっぽかったので、期待をしないで
揚げてみたら・・・

099205

あ~らビックリsign03

キビレでしたfish

私もそうだが、船長もジグで釣れたの見たのは初めてだって。

 

 

そして正午になりストップフィッシング。

 

魚の反応も少なく、モゾモゾっとしたバイトばかりの活性も低い状態で
2本のワラサ&キビレを取れたので今日は大満足。

 

099206_3 099207

 

そして今日も当然夜の部開催ですbeer

連休だし、台風で釣りができないみたいだから
今日は参加メンバーが8人と多いですwink

会場はいつものたけ田さん。

 

099208

ワラサの頭の塩焼き

私は目ん玉とその周りが大好きですdelicious

099209

刺身盛合わせ

一番右がキビレの刺身
沖にいる魚なので変な臭みがなく
凄い脂が乗っていて非常に美味しかった
delicious

0992010

これはワラサの酒盗和え

初めて食べたけど、美味しかったdelicious

0992011

いつものピリ辛ユッケ風

こいつはやっぱり美味しい。
本日たけ田初参加の方達も美味しいと絶賛
delicious

0992012

ワラサの竜田揚げ

これも美味しい
原ボー絶賛delicious

 

 

どの料理も大変美味しかったです。

いつも突然魚を持っていっては嫌な顔せず
美味しく料理してくださって、たけ田さんにはホントに感謝しています。

 

そして、大勢の仲間達との楽しいひと時。

釣り自体も大好きだけど、こういう時間も大好きだから
また、次の釣行に行ってしまうんだナ~
happy01

 

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

出れた

09919

とりあえず出船できました。

釣行記はまた明日。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

明日は行けるか?

台風接近中なので外房や相模湾は早々に出船中止。

東京湾なら釣りになるんじゃ?と思い、いろいろ詮索。

有望なのは最近行っているタチ&青物のジグ船。

でも、私の中ではタチウオよりも青物ジギングをやりたい。
それだけやりたい。

 

乗り合いではそんなわがままは効かないのでチャーター船を
調べていたら、ジョイマリンが19日空いているではないかsign01

最初の人が“言いだしっぺ”になって好きな釣りで
乗り合いが募集できるシステムになっているので
「青物オンリーでジギングがしたい」
って募集をかけてみた。

それが昨日。

でも、最低出船人数ってのがあって
基本的には3人集まんなくちゃダメ。

出船まで2日しかないからお客さんが集まんないんじゃないか?
と思っていたら船長が「安藤さんなら一人でも出ますヨ」ってsign03
「一生懸命やってくれるから」ってsign03

マジっすかsign03
客商売の社交辞令とは言え、うれしいッスcrying

 

最近魚探を付け替えたらしく、その調子も見たいからって
言っていたけど、何にしてもあの大きい船で一人の料金で出たら
元は取れないよな~。

 

 

さっき船長から電話があって、明日は風が強いみたい。

結局客は私一人。

何だか悪いので「明日は中止でいいよ」って言ったら
「約束だから行きますヨ」って言ってくれた。

なんて良い人だcrying

ただ、余りにも強風っぽいので、明日の朝判断ってことになった。

 

行くのか・・・?
ダメなのか・・・?

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

高尾山へ

最近は朝夕とめっきり涼しくなってきたが
1ヶ月程前のクソ暑い夏真っ盛りの日に
高尾山へ行ってきた。

とはいえ、かなりのメタボ体型な私が登山なんてしたら
途中で死んじゃうか、良くて失神でしょうなsweat02

 

仕事で行ったんだが、麓までは一般の車も入れるが
そこから先は許可された車しか入れない。

特別に許可をもらって入っていったんだが
その道は登山道にもなっている。

 

 

麓にあったお地蔵さん達を記念にパチリ

099161 099162_2 099163

 

 

この登山道が物凄く急で、私の車でアクセルベタ踏みでも
20kmそこそこしか出ないcrying

そして切り返さなければ曲がりきれないヘアピンがいくつも・・・。

止まったらホイルスピンして登らないんじゃ?
って思うくらい怖かったsweat02

 

やっとの思いで中腹にある目的地まで着いた。
ここはケーブルカーで登ってこれる最終地点。

099164 099165

099166 099167

ここにあるお店から品物を積み、下山。

今度はあの急な坂を下りなくちゃいけない。
品物も積んでるからスピードは出せない。

1速に入れたままのエンブレで下っていく。

099168

画像だと分かりにくいが、かなりの急勾配ですsweat01

 

 

仕事は無事に終わったが、登山と同じくらい(冷)汗かいた。

 

当日は普段の日にもかかわらず
たくさんの登山客がいた。

何かで聞いたが、高尾山は世界一登山客が訪れる山なんだって。

登山・・・

友達にも「屋久島行こうよ」って言われてるけど
屋久島なんて行ったら、それこそ屋久杉見る前に死んじゃいますね。

本気でそう思います・・・

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

09’タチウオⅣ&青物

 9/12(土)

先週に引き続き、東京湾タチウオ&イナダ(ワラサ)に行って来た。

何しろワラサのガツンsign03とくるバイトが忘れられなくて・・・note

今回はTSURUTAさんと2人に中山丸半仲乗りのヤガワンも乗船。
船はもちろん中山丸。

 

定刻出船で朝一はタチウオからやるのが最近の定番だし
出船してすぐに船長もそう言っていた。

が、横浜港沖~中ノ瀬でイナダ、サバ狙いから。

1時間程やって船中数匹のイナダやサバが釣れたので
本命の観音沖タチウオに。

 

すでに先行船で船団ができているポイントにウチらも合流。

タチウオはこのところ、あまり調子が良くなく
エサでもなかなか釣りづらい日が続いていた。

しかし、昨日急に釣れだしたので、今日はどうかな?

 

1投目から好調に釣れますhappy01
イレグイですsign03

水深60m前後のボトム~30mまで、どこでも食ってきます。

タチウオとはいえ、50mくらいからのファイトが毎投続くと
さすがに疲れてくるsweat02

最近は釣れるレンジが浅かったり、深くてもあまり釣れなかったりで
そこそこ水深があるトコの連発は堪えた。

099121_2

2時間程イレグッて16~17本?ゲットした後は
徐々に潮も流れなくなってきて
エサにもあまりアタらなくなってきたので、青物へ行くことに。

 

時間はまだ11時を少し回ったトコ。
数船いる同じルアー船の中でも、最初に動き出し
青物ポイントの下浦沖に。

 

ポイントに着き反応を探す。
反応が出てきたトコでジギング開始。

しかし、今日の青物君は全然ヤル気が無いらしく
反応は底ベッタリか、すぐに抜けてしまう。

2時間くらい何度も何度も繰り返したが
船中2~3本のイナダしか揚がらなかった。

他のルアー船も全然見かけない。
今日はタチウオが調子良いから、まだ粘ってるのかな?

 

そんな時、別のポイントへ行っていた僚船が「ワラサゲット」の
嬉しい情報をくれた。

当然すぐさま急行fish

このポイントには我々以外のルアー船がみんな集まっていた。
どうりで下浦にはルアー船が居なかったハズだ。

 

合流して早速ジギング開始。

しかし、ワラサどころかイナダすら釣れない。

約10船くらい居るルアー船みんな、誰もロッドが曲がってないdown

どうやら完っ全に乗り遅れて地合は過ぎ去った後みたいdowndown

 

けど、ここでワラサが揚がっているのは間違いない事実なので
頑張ってシャクり続ける。

そして、何度か流していたら、何やら私にヒット。
最初は全然引かないのでイナダかサバかと思っていたら
途中から横方向へグングン引っ張る。

何か確認したいのもあり、慎重に寄せると
何と嬉しい美味しいサワラ君でした
delicious

099122

その後は結構粘ったが、全然釣れないので
帰りながら中ノ瀬でジグる作戦。

 

その中ノ瀬では鳥山があり、ボイルもしている。

099123 099124

みんな何匹かサバをゲットして本日終了。

後で知ったが他のルアー船はみんな7~8本の
ワラサを揚げていた。

本船は青物不発のイナダ0~2尾。

でもこれはしょうがない。
いつものように下浦が釣れていれば、本船は他船より
釣っていたと思われる。

それにタチウオは他船より釣ってるしcoldsweats01sweat02
(完全な負け惜しみですけど・・・)

 

 

099125

タチウオはまあまあサイズが結構混じったし
サバはイワシを食ってる大きいヤツしかキープしてないし
何より美味しいサワラがあるので、当然夜の部決定beer

 

いつもの たけ田 に集合~happy01

099126

前日に釣友のO氏が相模湾へカツオ狙いで出ていて爆釣だったので
カツオも一緒の刺盛

カツオは相変わらず美味しゅうございますdelicious

軽~く〆た〆サバ
なかなか食べれません。釣り人の特権。
脂も乗ってて美味しいの~delicious

そしてサワラ君
釣った初日くらいしか刺身で食べられません。
脂も乗っててやっぱ美味いsign03
サワラ最高~
delicious

 

099127 099128

タチウオの塩焼き&竜田揚げ

タチウオは外さないネ
いつ食べても旨いね~delicious

充分飲んで食ってして、最後にシメのそばを食って解散。

翌日日曜から仕事だったので、朝起きて
いつものズボンを履いてベルトを締めたら、、、

ベルトがいつものトコだとキツイっすsweat01

 

ただでさえ最近メタボでヤバイっつうのに・・・

 

ベルト最後の一穴にはならないゾ~sign01
(リーチかかってマス
dash

 

 

 釣り船 中山丸 料金 9500円

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

またも東京湾

明日も先週に引き続き
中山丸でのタチ、青物リレー船に行く予定。

今週は台風があったりしたので、出船回数が少なく
釣れ方が良かったり悪かったり・・・。

 

天気予報はくもり、小雨みたい。
けど、青物は曇天のほうが釣れるっていうから(勝手な思い込みかも)
良いかもねnote

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

大勝軒


今日の昼に大勝軒錦糸町店に行ってきた。

大勝軒といえばラーメン好きな方なら皆さん知っていると思います。

今から20年以上前、都内に行列ができるラーメン屋っていえば、三田の二郎か池袋の大勝軒が有名な双璧。

私は二郎専門に行ってましたが、最近では両店共支店をたくさん出してますので、行きやすくなりました。

そんで今日の感想。

私には、つけ汁の酸味がちょっと…かな。
それ以外の麺やボリュームは好きでした。

あの酸味が大勝軒のウリでもあるけれどね。

けど、二郎もそうだけど、支店と本店とでは味が全然違う場合が多々ある。
ひどい時はラーメン自体別物ってコトも…。

私はまだ、大勝軒本店を食べたことが無いので、今度は本店に行ってみたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

09’タチウオⅢ&青物

 9/6(日)

このところの東京湾では、ジグでイナダ(ワカシ)が
結構釣れているみたい。

その中に時折、ワラサクラスが混じるんだとかhappy01

タックルをライトにすればイナダでも十分楽しめるし、
何より関東ではジグで青物はそうそう釣れないので
このチャンスを活かそうと釣行を決めた。

でも青物オンリーで狙う船が無いのでタチウオとのリレーでの釣行。
タチウオも好きな釣りなので全然OKup

船はいつもの中山丸

 

定刻出船で先ずは観音沖のタチウオから。

前日の喰いはこのところの中では最高だったらしいので
期待して一投目。

 

全くアタりませんsweat01

周りの船もヒットしている姿が見えない。

 

暫くしてエサ釣りの同船者が1本ゲット。

次のヒットも別のエサ釣りの人。

 

エサしかアタらないdown

 

頑張ってシャクっていたら私にバイト。
したらしいsign02

“ふっ”っと急に軽くなりジグを持っていかれた。

 

ジグはロストしたけどバイトすると分かったので
余計気合が入る。

 

いろんなジャクリを試した結果、リアクション系が良かったみたいで
ジグにシブめの中、4連続バイトなんかもしちゃったwink

 

けれど、前日とは全く違ってドンドン活性が落ちていき
ジグはもちろん、エサにもアタリが無くなってきた。

 

10時過ぎにはタチウオを諦め、青物に行くことに。

私的には青物が本命なので、早く行く分には大賛成up

 

航程15分程で青物ポイント到着。

魚探で反応を探し、期待の第一投目。

水深は40m前後なのと、何より船長が言うのでジグは60gを装着。

 

いきなり船中爆釣が始まったsign03

 

揚がってくるのはどれも40cm前後のイナダ(ワカシ?)ばかりだが
しばし入れ食いを楽しむ。

魚探の反応もこんな感じ。

09961

ある程度釣ったのでサイズアップをしたいところ。

ジグを60gから80gにチェンジして大物を狙う。

 

けれどやっぱりワカシ君ばっかり。

この群れにはワカシしか居ないのか?

なんて考えていたら、隣の人が明らかに
今までと違うファイトをしている。

揚がってきたのは船中初のワラサ。

 

やっぱり居るじゃない、ワラサ君。

ジグを80gから100gに変更。
でも、もうこれより大きいジグは持ってきてないdown

だって60g~80gメインって聞いてたしsweat02

09962

このジグは7~8年くらい前にセール品で買ったようなヤツだったか?
メーカーも名前も忘れたcoldsweats01
100g以上はこれしか持ってきてないのdash

 

 

船は根を流すっていうより、魚探で反応を見付け釣り開始。
反応が抜けたら、また探すって感じ。

 

いくつ目かの反応の時。
水深は60mくらい。

ボトムから10mくらいシャクったとこで“ドスン”
まるで根掛かりのように、今までとは明らかに違うアタリsign03

使っているロッドが、ジグマックス90gのライン2号クラスなので
ターゲット的に最大クラスを相手にしている感じ。

ドラグが音を出し、リールからラインを出していく。

待ってましたsign01ワラサ君だねsign03

50m下なので水圧も加わり、楽しいファイトが出来ましたup

無事ゲットはワラサ君でした。
(大イナダって話しもあるが、嬉しさは同じ)happy01

 

同じサイズをもう1本追加出来たあたりから
青物からの反応がガクンと悪くなった。

この間、ほんの2時間くらい。

あまりにも反応が悪いので、帰りながら湾奥の実績ポイントを
回る作戦で揚がりの方向。

 

横浜港沖でワカシを数匹ゲットして沖揚がりに。

 

船を揚がってから写真をパチリ

09963

ワラサ2本と本日の最大サイズタチウオを持って の図

 

タチウオ7本、ワラサ2本、イナダ10以上で数えてないから?本

 

 

キャスティングジグではなく、バーチカルスタイルで
ある程度の水深があるトコでのジギングで
このサイズが釣れるのだから、私的には大満足uphappy01

やっぱりジギングは楽しいって、再認識した。

 

余談だが、今日(7日)はワラサ大爆したらしい。
一人でツヌケした人もいたとか。

明日から時化模様だけど、通過後が楽しみになってきたwink

 

そして当然夜の部へbeer

今回も たけ田 さんです。

 

09964

やっぱりタチウオは美味しい。
塩焼き最高~
up

 

09965

これはタチウオの竜田揚げ
初めて食べたが、やっぱり美味しい
up

 

09966

ワラサの刺身
なかなか脂が乗っていて美味しかったup

 

09967

これが最近ハマっている大好きな ピリ辛ユッケ風
いつもはカツオだったけど
ワラサでも美味しい
up

09968

そして最後にシメのソバ
何だか、大人の酒飲みみたいで気に入ってマスup

 

結局、何でも美味しいっちゅうことですnote

 

 

 

 

 釣り船 中山丸 料金 9500円

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

ワラサが裏本命

今週末は、ついさっきまでドコに釣りに行こうか散々迷ってまして
ようやく決めました。

中山丸へ、タチウオ青物のリレーへと行ってきます。

ここ数日、タチウオも復調気味ですし、青物のイナダ、ワカシも
結構数が釣れてるみたい。

中には3キロクラスのワラサが混じってくるようなので
実はコイツが私の裏本命。

 

タチウオは当然美味しいんだけど
ワカシ、イナダはあんまり小さいと脂の乗りが悪そう。

けど、ごま油をかけちゃえば何でも美味しいんだっけ?
(今回はマヨネーズも使っちゃおうかな?)beerdelicious

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »