« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月30日 (金)

明日も外房

いやいやいや、今日も外房釣れてマスね〜happy01
 
 
つう事で明日も外房行って来ます。

青物は釣れてる時にフットワーク軽く行っとかないと
いつ釣れなくなるかわかんないからね。



あわよくばヒラマサが混じらないかぁsmile


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

'10外房ヒラマサⅡ

 4/25(日)

このところワラサが好調な外房へ
釣友TSURUTA氏と行ってきた。

前日までの好釣果と日曜日ということもあり
船は満員御礼の22人。

さすがの大きい山正丸でもチトキツイ。

 

5時過ぎに港を出て小一時間南下してファーストポイント。

黒潮が接岸しているらしく、海は鳴門渦潮みたく激流だ。

 

水深60m前後から開始。

一投目から同船者のヒットが相次ぐsign03

TSURUTAさんも速攻で1尾ゲット。

104251

この時何故か私にはノーバイトで焦りまくりsweat01

 

こんなに反応はあるのに・・・

104253

 

 

しばらく流し終えた後、2流し目。

 

ボトムから5~6mくらいだったか、いつもの魚皮貼りマサムネに
“ドッスン”と強烈なバイトsign03

ドラグこそ出ないものの、60mからの青物の引きは楽しいネ~happy01

無事にゲットは同サイズのワラサ。

 

 

それから数匹ゲットの後、ボトムから20mくらいしゃくって
もうフォールさせようかと思ったときにバイトsign01

 

フォールさせないで良かったって思いながら寄せてくるも
あんまり引かない。

イナダか? とも思いながら水面に登場は
何と嬉しい外道のヒラメくんではないか
wink

104252

海底にいることが多い魚だけど
ボトムから20mくらいでもバイトするのねん。

 

9時を過ぎたあたりから潮が弛み、バイトが遠のく。

船中も結構釣果が揚がったので、10時半に早揚がりとなった。

 

104254

 

 

個人的にはもうちょっと釣りたかったかな?

 

 

 釣り船 山正丸 料金 10500円

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

4月25日

これから出船fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

九州遠征

今回久しぶりのairplane遠征。

バスメイトのツアーで約4年ぶりの佐賀サンライズへ。

前情報では好調らしく、凪も良いみたいhappy01

良い釣り出来そうnote

 

 

金曜の夜に羽田を発って22時頃福岡着。

すぐにレンタカーで唐津入り。

時間は23時を回っていた。

ホテルの横に美味しい居酒屋があり
そこで遅い夕飯&軽く飲み。

1042211_3

今回参加なさった方々です。

104222_2

モツ鍋サイコーでしたdelicious

 

明日が早いので飲みは軽~くして
深夜1時過ぎにはホテルのベッドでグ~sleepy

 

 

 4/17(土)

早朝4時にホテルをチェックアウトして
一路呼子の港へ。

5時に港に集合し、ソソクサとタックルを準備して
すぐに出船sign03

とうとう来ました九~州~up
この時を待ってたゾ~note

海はベタ凪、見事な“サンライズ”ですhappy01

104223_2

港を出て10分のポイントで肩慣らしをして
一気に七里までゴーup

 

 

七里に着きベイトを追いかけるナブラを発見し
トップをキャストsign03

兼三さんが魚を掛け、揚がったのが・・・ 

104224_2

立派なブリでしたhappy01

 

この1尾でみんなのヤル気もMAXなのだが
トップやジグをやるも後が続かない。

 

何だか今日の七里は様子がおかしいらしく
魚探にはヨコワらしい反応もビッシリあるが
何かが気に入らないらしく、ノーバイトが続く。

 

タイの調子が良いと聞いていたので
タイラバを沈めてみる。

すると、すぐにバイトsign03

104226_2

慎重に慎重に、そして揚がったのが・・・

104227_2

ジャ~ン、3キロオーバーのタイでした~note

メデタイ、メデタイhappy01

 

すぐさまもう一度タイラバを沈めると、今度はフォールで喰ってきたsign03

しかし、異常に引くゾsign02

ファーストランで150mくらいラインを出されたsweat01

PE1号なので無理が出来ず、40mから80mくらいのトコで
行ったり来たりの攻防。

104228_2

ヒットから50分以上経過し、いい加減手首も痛くなってきたとき
ようやく残り20mまで浮かすことができたが
ここで無念のフックアウトcrying

 

ほぼ間違いなく、ヨコワの10キロクラスだったろうけど
PE1号にタイラバロッドじゃ揚げるまで何時間かかるか
わかったもんじゃないから、バレて良かったのかもcoldsweats01

104229_2

本人は手首痛いし、逃げられて悔しかったし
だったけど、私の背後であんな事があったなんて・・・

 

(注)詳しくはサンライズHPの釣果情報を。

 

 

さあさあ、気を取り直して釣り再開。

遠くで鳥山&ナブラだsign03

 

急行して一斉にキャスト~~

今回初対面のMさんが見事にバイトに持ち込むsign03 http://youtu.be/mL0BrkbzzzY

サンライズでは1ヶ月半ぶりのマグロ。

ナイスなヨコワ、10キロサイズですnote

1042210_2

 

ヒットルアーはオシアペンシルの60F。

すぐに同じのに変えましたcoldsweats01

 

 

思惑見事成功upupup

オオドモにいた私は、船の後方150mくらいにボイルを発見。

フルキャストしても当然とどかないが
そのボイルに漁師さんが突っ込んでいった。

そしたら上手い具合に群れがこっちに泳いできたんだネgood

私のオシアにバイト、バイト、バイトsign03

3回くらいのバイトでようやくフッキングup

ホントに釣れちゃったhappy01

http://youtu.be/j4hcWWysTHk
 

同じく10キロサイズのヨコワ

1042211_4

 

 

七里はこの辺で終了し、夕マズメの対馬でヒラマサを狙うことに。

 

この作戦が大成功sign03

さすがサンライズ船長、すべて読み通りデス。

 

水深は15m~60m、鳥が飛んでてたまにヒラマサのボイルもsign03

よ~く見るとベイトはサンマで、跳びまわって逃げているsign03

 

ボイル目掛けてキャストをすると、すぐにヒットsign03

船中ダブルトリプルでヒラマサとブリが釣り揚がる。

1042212_2 1042214_2 1042215_2 1042216_2

サイズはみんな7~9キロくらいでした。

1042217_2

釣ったヒラマサが吐いたサンマとイカ。

上がγ90、一番のヒットルアーだった。

 

 

兼三さんが一番掛けてたけど、オオドモにいたので
写真が無いデスsweat01

 

 

後半は鳥山関係なく、ブラインドで馬の背15mを攻め
ヒラマサ&ブリを前半以上キャッチ。

いつ出てくるかわからないドキドキ感がたまらないネ~note

 

日没近くまで攻め、初日終了~。

大満足の結果だった。

ただ一人を除いては・・・。

 

そう、相棒の原ボーが、何と初日ノーフィッシュcoldsweats02

ジギングに執着しちゃったのが裏目に出ちゃった。

 

明日は何が何でも原ボーにキャッチしてもらおうと
船長始め、みんなで作戦会議。

1042218_2

こんときの原ボー、言葉数が少なかったもんな~wobbly

 

まだまだ明日があるさ、原ボー。

 

 

 

 4/18(日)

明けて2日目。

今日も最高の凪日和、良い釣りできそうhappy01

1042219_2

 

 

港を出て十数分、ファーストポイント。

浅い根周りをキャストしていたら、沖目でサンマが跳ねてるsign03

急いで向かい、船長がマイクで
「原さん、キャスティングロッド持って」ってご指名。

我々同船者も「原さん、一番前行って」って後押し。

 

そして、サンマのナブラに原ボーのγ90が入ったとき~~~[E:sign03 http://youtu.be/kLmEviGeY5U

 

 

 

やった、やった、やった~~~up

みんなで大喜びhappy02

1042220_2

原ボーと、船長とみんなで獲った最高の1尾sign03

原ボーの目には熱いモノが込み上げていた。

 

その後、原ボーはもう1尾ヒラマサをキャッチしていた。

 

 

 

帰りの飛行機の時間もあるので、七里に向かい
マグロ狙いをすることに。

 

 

 

七里に着いてすぐにベイトボール発見。

しかし、マグロのボイルは見られない。

1042221_2

ちょっと見づらいケド、カタクチのベイトボール。

 

こいつをちょっと遠巻きに見ていたら
急にマグロのボイルが始まったfishsign03

 

一斉にキャストすると何とトリプルヒットsign03note

みんな無事にランディング成功。

1042222_2

ちゃっかり原君も釣ってマスdash

 

その後、私にもヒットしたんだが、今日の七里はマグロの跳ねが
たくさんあるので船長が「安藤さん、早く揚げちゃって」ってcoldsweats01

揚げたら「血抜きご自分で出来ますよネ」ってcoldsweats01

すぐさま次のナブラ目掛けて操船してました。

なので2尾目のヨコワの写真は無しヨthink

 

その後も結構ナブラの中にルアーが入るんだけど
そう簡単にはヒットしない。

 

そうこうしてるうちにナブラタイムが終了しちゃったので
タイラバでもやりながらのナブラ待ち作戦です。

 

このタイラバ、東京湾じゃ考えられないくらいバイト数がある。

こんだけバイトしてくれば飽きずに楽しめるな。

最初のヒットはまたしても原ボー。

昨日とは大違いだhappy01

 

綺麗なマダイデス。

1042223

 

兼三さんにもすぐにバイトがあったが、ラインに傷が入ってたのか
惜しくも高切れブレイク。

 

インチクでヒット連発も、何故かことごとくバラシていたKさんも
3度目の正直で見事ゲッティ~
note

1042224

 

 

 

この後はマグロのナブラも出なかったので、帰りながら
呼子の港前で最後のヒラマサを20分程やり、2日目も終了~。

 

 

 

今回の釣行はビッグワンは出なかったものの
狙える魚が全部釣れたし、数も釣れ、
みんな平均的に釣れた。

2日間共にベタ凪で、気持ちよく釣りができたことが
何より最高によかったツアーだったhappy01

 

 

 

今回は水曜日にいつもの いさ美寿司 で宴会。

1042225

 

 

ヒラマサ、ブリ、タイ、ヨコワの刺身

みんな脂が乗ってて美味しかったdelicious

普段はないマグロの大トロが楽しみだったが
サイズが小さいので、どうだろうか?

1042226

超~~~美味かったdelicious

ちゃんとした大トロだったsign03

もう最っ高good

 

1042227_2

煮付けも当然いつも通り美味しかったのだが・・・

 

1042228

マグロのカブト焼きがこれまた最高に美味しかったupnote

 

 

 

 

今回は本当に楽しい遠征になった。

久しぶりの遠征が最高の釣行になって幸せです。

今回御一緒された皆様、ありがとうございました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年4月20日 (火)

早く書きたい

ここ数日、睡眠時間が全然無いshock

今朝も早くて今夜も遅く、明日も早い。

そして明日は泊まりの36時間勤務の日。

もう眠くて眠くて・・・。

 

明けの水曜日は九州遠征の獲物で宴会なので
ブログアップがなかなか出来ませんdown

 

今回はなかなか楽しい釣行だったので、早くアップしたいのですが
そんなこんななんで。

ぼちぼちやっていきますんで、もう少々お待ち下さい。

10419

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

九州二日目

本日はマグロDAYsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

久々の飛行機

これから搭乗だ〜smile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

明日出発

いよいよ明日に迫った九州遠征釣行。

とりあえず天候は大丈夫そうsmile

 

事前情報では青物は好調で、タイもよろしそうで
もしかしたらマグロもっsign03

てなことを言ってますが、欲張っても良いことないので
それなりに、そこそこ釣れればOKデスhappy01

 

やっぱ行く前の、この時が一番楽しいんだなぁ~note

 

待っててネ、九州のお魚さ~~~んfishupnote

10415

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

今から楽しみ

いよいよ来週に迫った九州遠征。

仕事の都合で泊まりの遠征が出来にくくなったが
今回久しぶりに行けることになった。

およそ4年ぶりサンライズへ。
(前回お邪魔した時は、まだ“鰤走”名)

 

いつもなら釣行が3日間のツアーなのだが
今回は土日の2日間の釣行。

 

1日少ないケド、その分集中して、目一杯楽しんでこようと思うnote

 

そんな訳で今日の休日は、荷作り&発送の手配。

 

先週は銭洲で来週は九州、
さすがに今週くらいは家で静かにしてようかsweat01

10410

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

信じれるルアー

魚皮貼りジグについて、どうやって入手するのかとの
質問があったのでお答えします。

 

sawa氏のとこにも書いてありますが
今はBASSMATEさんで注文を受付中です。
 

ご自分の持っているジグに施してもらうのもよし、
BASSMATEさんに売っているジグなら購入からでもOKです。

 

 

このジグはホントに良く釣れると思います。

ここ2年くらいコレしか使ってないが、同船者と互角か
それ以上の釣果を出していると自負しています。
(これは言い過ぎかもしれませんが、苦情は一切聞きませんcoldsweats01

晴れの日はもちろん、くもりでも良く、全天候型なのも
面倒くさがりな私には向いているのかもしれません。

 

要は、自分自身が信じきれるジグ(色)を
使い続けられるかだと思います。

それが、私にはこの“魚皮貼りジグ”なんです。

 

「魚皮貼り使ったけど釣れないじゃんか!」等の苦情も
一切受け付けませんので、あしからずdash

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

銭洲釣行

 4/3(土)

前日は台風以上の突風が吹き荒れた関東地方。

出船が危ぶまれたが、何とか出船OKが出たので
逸る気持ちを抑えつつ土肥漁港
とび島丸へ向かった。

 

集合時間が深夜1時なので、東京を21時過ぎに出発。

時間通りに港へ着いたが、係留している船がドンブラコ状態で
結構風が吹いてるが、程なく出船。

銭洲までは5時間かけてゆっくりと行く。

本来ならこの時間を利用してベッドで爆睡タイムなのだが
海が荒れていてウネリを越える度に船底に激しい衝撃がきて
オチオチ寝ていられない。

 

 

あまり眠れずにポイント到着。

ウネリが2.5~3m程ある。

船酔いをしやすい私は酔い止めを寝る前に1錠、
銭洲に着いてから1錠と飲んだ。

それでも少しでも気を抜くと
吐き気をもよおし即ダウンしそうである。

 

頑張ってタックルをセットし、あたりを見渡すと
そこには銭洲群礁が。

10431 10432_2 10433

雰囲気ありまくりだね~~~note

釣れそうな予感バリバリup

 

期待と不安の中、緊張の朝一第一投目。

事前情報ではスタンダードのジグが良いと聞いていたのだが
解禁直後だし、大きい魚を狙いたいので
いつものマサムネ魚皮貼り仕様155gをチョイス。

10434

水深50m前後なのでジグをキャスト&ナナメ引き。

最初はジャガジャガで速めのジャークを底から20m程したが
アタらなかったのでそのままフォールさせ再度着底。

次はスローのワンピッチでジャーク。

すると底から5~6mのとこで“ガツンッ”とバイトsign03

適度にドラグを出し、小気味良い引きで無事ゲットは
3キロ強のカンパチ。

朝一第一投でのファーストフィッシュ。

やっぱり銭洲の解禁は良いネ~~~~happy01

10435

ここからは流す度にバイトバイトバイトsign03

いくらでも釣れそうな感じnote

同行したヒゲさんも当然キャッチgood

10436

彼もリバース寸前のところをギリギリで我慢。

「イ~ッ」って顔して気合入れてマスsweat01

 

 

 
スタンダードや小さめのジグを使うと小さいカンパチが釣れちゃうが
マサムネはその中でも3キロ以上の銭洲解禁直後にしては
“良い型”しか釣れないのも良かった。

 

 

そして、あるポイント。

水深は40~50mだが、潮が速くてマサムネでも底が取れなかった。

キャストした方向に向かい潮が流れていたので
自分から離れる形でラインが80m程出ていってしまい
着底が分からないままジャーク開始。

感覚的には中層から上を引いていたのか?
突然“ドスンッ”と強烈なバイトがsign03

潮にも乗ってなかなか寄らない。

首の振り幅からしてまぁまぁなサイズだとは思っていたが・・・

10437

ド~ンと出ましたブリsign03

8キロオ~バ~、丸々太って立派なお腹happy01

 

このポイントでもう1本7キロオーバーのブリをゲット。

 

その後もポロポロとカンパチやワラサを追加し
13時にストップフィッシング。

 

時化ていたので揺れに耐えて、下半身はプルプル。
腕は釣り過ぎ注意報でパンパン。

嬉しい悲鳴note

 

本来なら、港に帰るまでの約5時間を爆睡タイムにあてるのだが
時化が収まっておらず、ベッドの中で何発もブレーンバスターを
食らう始末じゃ当然眠れない。

無事に港に着き、皆さんと記念撮影。

10438

エサや泳がせでは4本とあまり釣れておらず
ほとんどがジグでの釣果。

この辺が解禁直後っぽく、ルアーマンが行くなら今がお薦め。

 

クーラーに入りきらないので カチ盛り 状態の図。

10439

(ドル箱なら2千枚オーバーかsign02dash

結果、カンパチ13本、ワラサ~ブリ3本。

大満足の釣行でしたっwink

 

 

夜の部は“銭洲釣行大漁おめでとう”会を開いてもらい
たくさんの方に祝ってもらいました @蒲田
たけ田

 

104310 104314

ブリ&カンパチの刺身

ブリはもちろんコッテリ系
カンパはあっさり

104311

ブリしゃぶ

コッテリブリをしゃぶしゃぶすると最高に美味しい~~~delicious

104313

アラ煮

みんなに大評判sign03

104312 104315

カンパチ&ブリ
カマ、カブト焼き

こいつも非常に美味しいdelicious

 

 

あまり寝てないせいか、後半はオネムですみませんでした。

みなさんありがとうございました。

 

 

 釣り船 とび島丸 料金 26000円

 

 

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

これから出動




銭洲出動できそうです。


けど、港の中でも風が結構吹いてます。

酔わないように。

釣れますように。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

この風っ

今日から銭洲解禁sign01

しかし、よく吹くね〜この風sign03

朝は凪でも夕方吹いたり、その逆もあったりと
1日として凪な日が無い。


こんなに吹いたら遠征船は出船中止になっちゃうよcrying



釣友からは

「じょーじさんが行くなら時化で中止ですね」

とか、

「じょーじ君が行くなら時化で中止だね」

とか、



…?

…??


ばっきゃろ〜〜〜sign03

みんなで中止中止ってcrying


つうか、時化はオレのせ〜じゃね〜しぃ、多分sweat02
 
 
 
もし出れて…
もし?
 
 
出れていっぱい釣れたらイヤになるほど
釣った話し聞かせてやるからなsign03smile



出れればいいなぁthink

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »