« 最後に | トップページ | タチウオ君待ってて »

2010年7月20日 (火)

連チャンマグロ釣行

 7/17(土)

元々18日に仕立てていたのだが、せっかく南伊豆まで行くので
前日の17日も釣りしちゃえってんで、本日は乗り合いでの乗船

明日の仕立ての前に、あわよくば釣ってしまおう的な考えを持つ
“マグロジャンキー”4人で前乗り釣行

このジャンキー達は私と同じく毎週マグロを追いかけ海に出ているが
残念ながら未だゲットしていない

今週こそはと意気込む

宿は連日お世話になる忠兵衛丸さん

 

好調をキープしているせいか、乗船者は23名
2隻に分かれての乗船デス

 

本日は快晴無風のベタ凪の海

遠くのナブラも見逃しませんよ

107193 

海域に着くと、先週同様鳥が多く、マグロの跳ねも多数確認できる

これは期待大だ

 

鳥山&ナブラを追いかけキャストするも
相変わらずマグロの沈みが速い

しかし、何度となく追いかけていると
中には沈む前にキャストできるナブラも出てくる

 

そんなナブラで私の隣りの方が見事ヒットさせる

40~50分のファイトの末に無事にゲットは
38キロのクロマグロ

107191

 

先週から私の隣りの方が良くヒットさせている

羨ましさと悔しさが入り乱れて不思議な感情だ

 

ドピーカンだがナブラは出続けてくれているので
チャンスはやってくると信じてキャストを繰り返す

107192_2

 

今度はオオドモの方がヒットさせる

難なくゲットはキハダ28キロ

 

まだまだナブラは出ていたがヒットに繋がらず
本日はこの2本で終了

 

我々“マグロジャンキー”は、またしてもマグロオアズケ

その夜は近所の中華屋で
『何で自分達は釣れないのか考える』会をして
明日に備え就寝

宿に素泊まりなのだが
この部屋のネーミングが気に入ったのでパチリ

107194

何の根拠もないが「明日は釣れたナ」

 

 

 

明けて2日目 7/18(日)

 

私達4名の他に今日参加の4名、計8名で仕立て出船

今日もベタ凪ドピーカンです

107195

場に着くと早々、昨日同様に鳥と跳ねが確認できる

今日も期待できるゾ

 

何度目かのナブラの出来事

相変わらずマグロの沈みは速く、鳥もどこかへ行ってしまい
次のナブラを探すかナ~なんて思っていた矢先、

出た、ヒット~

後輩の桜井の声だった

彼はこの日の為に、新品のロッド&リール&ラインを
購入して来ている

気合の入り方は我々ジャンキー4人に引けをとらないかも

 

しかし、普段の仕事のハードさだったからか
一睡もしないでのドピーカンだったからか
ビッグファイトに慣れていなかったからか
体力の限界が来てしまい途中交代してしまった

桜井⇒ヒデキ⇒菊ちゃん⇒私と交代していき
無事にランディングに成功

42キロの立派なクロマグロ

ランディングシーンは
私がファイト中なので映像がありませんが・・・

http://youtu.be/pj3Pm-xaZYI

107196 107197 107198 107199

ついにやりました

仲間内初のクロゲット

 

次は自分だ と
残り7人が思っているに違いない

 

何度目かのナブラでチャンス到来
私のルアーもナブラの中に入ったがヒットしなかった

と、次の瞬間 またも

ヒット~

の声が・・・

次はヒデキ

 

なんと彼も本日下ろしたてのロッドだ

http://youtu.be/BFFsgtzXul0

1071910 1071911

キハダ28キロ

 

彼は一昨年の相模湾マグロフィーバーの時、ヒットに持ち込むも
残念ながらラインブレイクで逃している

そんな悔しい思いをしているので、このゲットは相当嬉しいだろう

 

ここまでは順調そのもの

時間もまだ8時過ぎだ

 

 

だが、今日はいつもと違い
この後にナブラが出なくなってしまった

プレジャーを含む遊漁船の多さか、高水温の流入か
理由は定かではないがマグロの跳ねが出なくなってしまった

 

ボーっとしながら潮目でキャストを繰り返し
ナブラが出るのをひたすら待った

1071912

 

沖揚がりの時間が迫り、帰港しながらのワッチをしていたその時

私が“キスチョコ”と呼んでた、遥か利島方面に大きな鳥山を発見

1071913

残り時間僅か2分で鳥山&ボイルに近づいた

キャストできる範囲にボイルが何発も出る

本日最初で最後の大きなチャ~ンス

 

しかし、私のルアーはまたもマグロにスルーされたその時

ヒット~

昨日から一緒のジャンキーの一人、TSURUTAさんが
とうとう掛けた

 

ジャンキー4人はこの日もヒットが無く、悔しさと惨めさを噛み締めていた

誰でもいいから・・・
4人のうちの一人でもいいから・・・

 

その思いをTSURUTAさんが晴らしてくれる

頑張れ、今、動画を撮る準備をするから

 

その時・・・

 

あ~あ、無常にも痛恨のバラシ・・・

TSURUTAさんはもとより、他のみんなも悔しがる声が響く

 

彼のファイトは何の落ち度もなかった

 

キャスティングマグロはバラシが多いコトは承知しているが
この魚だけは獲らせてあげたかった、いや、獲りたかった

 

ここで本日も終了

 

この日は状況が悪く、他船ではキハダが1本しか
獲れてないらしいことが船長の無線で分かった
(プレジャーは分からないが遊漁船のみで)

そのことを考えると、上出来の一日だったといえる

 

港に戻り記念撮影

1071915 1071914 1071916

やっぱ大きいネ~

ますます釣りたくなったけど
次回のマグロ予定が入ってません

 

 

 釣り船 忠兵衛丸 料金 各15000円

 

 

 

|

« 最後に | トップページ | タチウオ君待ってて »

コメント

もうそろそろマグロ貯金満額支給されてもいいころかなあと・・・2日目最後のナブラ惜しかったっすね。

投稿: ヒゲ | 2010年7月22日 (木) 15時37分

ヒゲさん>

色んな理由から、ちょこっとマグロから
距離をおこうかと考えています
(大した理由ではありませんが

しかし、マグロ貯金・・・
今すぐにでも引き出しタイ・・・

やっぱ来週には行ってるかな?

投稿: じょーじ | 2010年7月22日 (木) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連チャンマグロ釣行:

« 最後に | トップページ | タチウオ君待ってて »